もっと自由に大胆に描き出そう

2012年7月13日マチネ「Rudolf The Last Kiss」

IMG_3748.jpg

デビット・ルヴォーによる新演出と今回帝劇デビューの吉沢梨絵さんのステファニーに興味があり「ルドルフ」を観劇しました。感想は一言で言うと「赤い」「早い」「クルクル」・・・って感じでしょうか。ローラーブレードまで履いて、役者さんって大変!(笑)

音楽は同じでも演出ががらっと変わり、大人な作品に変貌していました。

タイトルロールの井上芳雄くんは今回とっても丁寧に歌っていて本来のプリンスらしさを満喫できました。苦悩する王子は最高です!でもルドルフってちょっと子供っぽくて歯がゆい・・・。あと、タバコを吸うのが似合わない(笑)「明日への階段」は名曲!アンサンブルとのハモリに高揚しました。

ルドルフと恋に落ちるマリー役は和音美桜さん。三銃士に続いてのコンビでした。このカップルで売り出したいのかしら・・・?!もうね、マリーにはイライラさせられました。こういう無神経な女、大嫌いです。愛人の立場で本妻に向かって「どうしてそんなに私を憎むの?」って・・・当たり前だろう!!なんか、もうね・・・最後も短絡的な行動としか思えなくて。ルドルフ&マリーには全く共感できなかった。

IMG_3751.jpg

楽しみにしていたステファニー役の吉沢梨絵さんは期待以上でした。今まで見た事が無い吉沢さん。ドレス姿も素敵でした。ただ嫌味なだけの女ではなく、そのようにしか振舞えなかった孤独感や哀しさが伝わってきてものすごく切なかった。ルドルフに「あなたは自分の事ばっかり!」と言うところ、自分の事ではなく民衆の事を考えているつもりだったルドルフには堪えたと思う。演出が変わってステファニーの存在がものすごく大きくなっていたように思います。

「ルドルフ」を観ながら思ったのは何で「ミス・サイゴン」と同時期にこれやってんのー!って事(爆)

2012/07/14(土) | 東宝・その他 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/1423-c486337b
 |  HOME  |