ミステリーか?オペラ座で!

2012年6月27日ソワレ「オペラ座の怪人」

涼太さんのラウルとともに新クリスティーヌと新カルロッタがやってきました。(佐野ファントムには逃げられちゃったけど・・・)新クリスはもう少し慣れてからで良いかなぁと思っていたのだけど、怖いもの見たさもあり劇場へ。既に見たお友達は厳しい感想ばかりだったので覚悟をしていたけど、やっぱりちょっとがっかりな仕上がりでした。(衝撃度では前回の東京公演終盤に出て来た某メグよりはOK)

高音はとってもきれいなのに地声が太い、低音は響かない・・・。周囲が全力でフォローしているのが伝わってきてハラハラしっぱなしでした。‘マスカレード’のラウルのリフト前もクリスの後ろにいる涼太さんがカウントとって合わせているのがわかるし(もちろん肩のせリフトは無し)、墓場のファントムとのデュエットでも高井さんが調整して合わせていた!

世界にはシエラやエミーみたいにかわいくて超絶歌える文字通りの歌姫が沢山いるのに・・・おかしい。(そして公式の新クリス持ち上げ記事も違和感!)

と、クリスに関してはネガティブになってしまったけど、新カーラは全く違和感無かったです。堂々としたものでクリスよりもデビューから日が浅いとは思えません。

週の前半だったので高井ファントムの声もツヤツヤで調子良さそう。劇場が高井さんの声に共鳴している感じ。2階席だったからかもしれないけど高井さんの声に包まれている~って思いました。すごく飛ばしていたからその分もこの日は残念感が増してしまった・・・7月の後半に行く時はクリスが変わっていると良いんだけど・・・。

そうそう、幕間のトイレの列で「ラウルカッコイイ!」「ラウルはイケメンが絶対条件!」と話している方がいて心の中で深くうなづいてしまった(笑)。

2012/06/30(土) | 四季-レポ | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/1416-9e7d1059
 |  HOME  |