まさかという思い

2012年3月19日マチネ「ジキル&ハイド」

お正月の石丸さんのイベントで興味を持っただんなさんを連れて2回目の「ジキル&ハイド」へ行ってきました。

石丸ジキルの髪型が後ろできりっと止めてすっきりしていました。うん、こっちの方が断然いい!でも・・・石丸さんお疲れ・・・だったかな?高音がきれいに伸びない感じでちょっと残念。

ところで、病院の理事会の言い分の方がもっともだと思ってしまう私は科学(否、物語)を理解できないという事なのでしょうか・・・。「患者を1名、人体実験に使わせてほしい」なんて、私でもNO!って言っちゃうよ。あげく「まさかこれが夢見たことなのか?」って、い、今さら?

結婚式のシーンで石丸ジキル(この時はハイドなのかなぁ?)に突き飛ばされた吉野アターソンが壁にぶつかるまでくるくる回っていて・・・回り過ぎだよ(笑)と心の中でつっこんでしまいました。(笑うとこじゃないけど)

前回は石丸ジキルがジョンに拳銃の引き金を引かせるためにわざとハイドのふりをして襲いかかる・・・という設定にものすごく納得したのだけど、今回の石丸さんはその瞬間、ジキルのままだった(と感じた)。やはりちょっとお疲れなのかなぁ・・・もう一度観て確認したかったけど、行けず残念。

韓国版ではナイフを持ったジョンにハイドが自ら刺されて終わるという・・・結婚式なのに本当に哀しいシーンだわ。こういう救いのない物語好きだけど!

終演後は日比谷シャンテの‘ジキル&ハイド展’を見て帰りました。笹本エマが着てる青い玉虫色のドレスがとっても素敵!

JCSに続きハードルが高かったか、だんなさんはイマイチな反応でした。

ちっ! こんな事ならその分私がもう1回観たかったよ。

2012/03/27(火) | 東宝・その他 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/1369-0abb5cc5
 |  HOME  |