FC2ブログ

人生は素敵、人生は最高!

2012年3月3日マチネ「壁抜け男」千秋楽

1月の初日以来になってしまった「壁抜け男」の千秋楽。初日は今までのイメージと比べてしまって違いに納得できなかったり、ちょっと不完全燃焼気味だったのだけど・・・1ケ月を経て、変わっていました。

初日の張りつめたぎりぎりの緊迫感が無くなって、全体的に余裕が生まれていた感じ。飯田くんが良い感じに普通のおじさんにはまっていて、とっても良かった~最初は声が重いなぁと気になったけどいつの間にか気にならなくなっていました。うん、良いわ。

イザベルを演じきってる樋口さんは流石だと思いました。優しいソプラノの声が出るようになって、こちらが先入観を持たなければ完全にイザベルだと思う。ただ・・・どうしても色々な役のイメージがあって、樋口さんならM嬢役も面白かわいく演じるんじゃないのかな?とか思ってしまい。案外戸田さんイザベルで樋口さんM嬢もイケるのではないかしら?!うんうんうん。ただ・・・野菜を買いに出て来た時の樋口イザベルの主役オーラの凄さっていったら半端なかったです。キラキラ~

初日は佐和さん娼婦、楽は丹さん娼婦。お二人が見れて大満足~丹さんにはまだまだ頑張っていただきたい!です。佐和さんのM嬢も見たかったなぁ。

「壁抜け男」のラストシーンはどうしても自分の中で上手く消化できないのだけど、それでもやっぱりこの作品を見るとあったかい気持ちになってじんわり涙が出てくるという・・・とっても不思議な気持ちになります。

私の生活もとっても平凡でフツーの毎日だけど、なかなか一歩を踏み出せずにジタバタしてる事も多いけど、これで良いんだなぁとか、だって毎日幸せだよなぁとか、気づかせてくれる作品です。

カーテンコールでは「壁抜け男のソロ」の合唱が3回も!飯田くんが感無量な表情で、涙をこらえるような、それでも目がキラキラしている様子にこちらがもうもらい泣き。飯田くん、大変だけど頑張ったんだろうな~ってすごくわかりました。飯田くんはこの作品で完全に一つの壁を抜けたね!お疲れ様でした!!


参考:パリで「壁抜け男の像」を見た時の記録(懐かしー)

舞台の後はemioちゃんと「LIKE LIKE KITCHEN」で早ごはん。先週はお茶だけだったので、やっぱりごはんが食べたくなっちゃって。

20120303like1.jpg20120303like2.jpg20120303like3.jpg

菜っぱと黒ゴマのサラダ、白レバームースのパスタ、謎のチキン。
サラダはさっそく自宅でマネして作ってみた!


2012/03/05(月) | 四季-レポ | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/1355-9c098754
 |  HOME  |