夏劇場は海劇場ではない。

2011年12月28日マチネ「美女と野獣」

今週から福井ビーストになったので、いよいよ夏劇場へ行く時がきました!ぎりぎりまで行くかどうか悩んでいたので当日家を出る30分前にネットで当日券を予約して劇場へ向かいました。

IMG_2459.jpg

初めての夏劇場は大井町の駅から丁寧に案内が書いてあったので迷わず到着。夏劇場のロビーは細長くて狭い印象。クロークで人が溜まっちゃうと身動きとれないよー。2階の写真撮影スポットでは一人で自分撮りしてみました(恥)。

今日は中ほどの席だったので早めに着席して開演を待ちます。「美女と野獣」は数年ぶり・・・実はあんまり好きじゃないのよねーなんて思っていたのに、後半まんまとやられて号泣!ビーストがベルを帰すところが本当に切なくて。相手の気持ちになって動くことって実はとっても難しいと思う。(少なくとも私には。)ビーストだけでなく、ポット夫人まで本当は人間に戻りたいはずなのに、王子の心の成長を喜ぶもんだから。はぁ・・・しんみり。

楽しみにしていた福井ビースト(もちろん初見)。野獣の怖さはあまり感じなくてすごく‘かわいい’野獣でした。野獣の着ぐるみ(?)であれだけの表現をするの難しいんだろうなーと思います。特に印象的だったのが図書館の場面。バルコニーからびよ~んと垂れた尻尾がかわいくて、二人の手と手を重ね合わせて、最後にベルのお鼻をちょんちょん、ってするところではもう「きゃー!!」って心の中で叫んでましたわ。王子さまに戻ってからも凛々しくてこんな王子様、実際どこかにいそう。乗馬とかフェンシングとかやっていそうなリアルな王子様でした。う~ん、素敵。

実はりさベルも初見だったりします。噂のBOGでの足上げを生で見れて満足。きれいに踊りますね~そういえば、BOGでは誰かの落ちた小道具(?)を上手く拾ってフォローしていました。

百々ルミのアダルティな雰囲気にもドキドキしました。今さらだけどチップは子役に戻せないのかなー

福井ビースト登場に慌てて劇場へ行っちゃったけど、1月になってから行けばディズニーキャンペーンで何かもらえたらしい。残念・・・あ、また行けばいいのか。

2011/12/28(水) | 四季-レポ | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/1308-9ba53300
 |  HOME  |