僕は誰になればいいのか

2011年11月9日マチネ「コーラスライン」

月曜日のキャスト発表で大きく動いた「コーラスライン」へ行ってきました!

先週消えていた竹内くんが戻った~と思っていたら役代わりでボビー→ポールだったのですね。わぁ、ポールデビューかぁ!イメージ的にはボビーよりポールが合っていそうだけど、あの長セリフ・・・大丈夫なのか?!(余計な心配)実際‘I hope I get it’の最初のソロでは違和感ありまくりでした・・・。この時は正直、評判の良かった田中ポールを見てみたかったな、竹内ポールはハズレだな、と思ったのです。
でも、独白の長セリフが思いのほか良くって、確かに頭にお花つけて踊っても似合いそう。(←褒めてます)「背が低いから男役は無理」ってセリフだけ違うだろって思ったけど(笑)それ以外はとても役に合っていました。ゲイなんだけどそんな自分を持て余してしまい、気持ちと実生活とのギャップに悩んでいる感じがとても切なく伝わってきました。足を怪我してオーディションを諦めるところは本当に辛かったけど、‘ONE’で一番最初にきらきら笑顔で出てくるから心からあぁ~良かった!って思えました。

今回のキャストは新人とベテランのバランスも良かったと思う。新人では笹岡マイクのダンスはすごーく好きって思ったし、山本マークもかわいかった。松元さんは高音がきれいに出るし、かわいくてマギーにぴったりでした。ベテラン組では坂田キャシーが役柄としっくりして良かったです。「私はダンサー!」ってしっかり伝わった。‘The music and the mirror’で歌の後、振り返って鏡を見た瞬間「あぁ・・・」って声が漏れてぐっときました。川口アルと染谷クリスティンとか丹下ボビーと団シーラとか、横一列に並びながらも関係性がしっかり出ていたのはさすがだと思いました。

最初しかでていない落ち組さんたちも、今まであんまり気にした事無かったけど‘I hope I get it’でかなり頑張っているのが見えて1曲目からとっても面白かった。

2011/11/10(木) | 四季-レポ | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/1281-d837ce18
 |  HOME  |