FC2ブログ

久しぶりのキャッツ

学校の修了式の前にはいそいそと「キャッツ」マチネ観劇に行っていました。チケットを譲っていただいた時は「オペラ座の怪人」祭り真っ只中。「キャッツ」へ行っている場合か?!と一瞬悩んだものの・・・次の日には速やかにお祭りも終了したので全く問題ナシ。1ケ月以上ぶりの「キャッツ」顔ぶれもずいぶん変わっていて楽しみ~♪

「キャッツ」の前にまずはランチ。以前から気になっていた五反田駅前の焼き鳥屋「たかはし」へ行ってきました。

takahashi2.jpg

コンクリート打ちっ放しの店内、カウンター8席位と6人掛けのテーブル席だけの小さなお店。壁一面にワイングラスが掛けてあって、入り口にはワインの入っていた箱が雑然と置かれていたりとさすがフレンチ出身シェフのお店、といったスノッブな雰囲気の焼き鳥屋さんです。ランチは親子丼@850円のみ(大盛り+100円)。歯ごたえのあるしっかりした味の軍鶏は一度炭火で焼いてあるそうで、独特の香りがします。卵はもちろんとろっとろです。なんだか焼き鳥の味も想像できるような親子丼でした。テーブルには唐辛子と山椒が置いてありました。鶏のお出汁の利いたスープもとっても美味しかったです。

そんなこんなで開演ぎりぎりに駆け込んだ「キャッツ」でしたが、久しぶりで新鮮でした。新人さんやお久しぶりさんや初見の猫さんが沢山!!毎度雰囲気が違うのが本当に面白いです。今回は特に一点集中の気になるキャストもいなかったので全体を満遍なく、ほとんどオペラグラスも使わずに見ていました。ダンスが多いので雄猫のリフトに注目!斎藤タンブル、田村マンカスのリフトは安定していて見ていて安心。関係ないけど、人間猫関係を見ているとヴィク&コリコ、タンブル&カッサ、ボンバル&タガー、ランペ&バブのカップル(?)が良い感じです。

今日は一人だったので暇な休憩時間に携帯でキャストチェックをしていました。なななな・・・なんと。涼太さんが週中にして「夢醒め」エンジェルに追加されているじゃありませんかっ。とりあえずあちこち(局地的)にメールでお知らせしたものの・・・私、かなり動揺。これが月曜日なら心の準備が出来ていたんだけどあまりに突然でびっくり仰天。嗚呼・・・名古屋か・・・行ってしまった。さよなら裏切りの友~(裏切ってないって!)おかげでちょっと集中力に欠けた2幕になってしまいました。。。

キャストつれづれ

●奥田グリザベラ
冒頭のジェリクルソングの時タイヤの上で踊っているグリザベラ。普通に猫でした。今まではグリザのダンスは‘見てはいけないものを見てしまった!’‘見なかったことにしよう’なーんて思っていたのだけどなんのなんの。ばりばり踊っていました。歌はとってもお上手で迫力満点!メモリーの後は静寂!でもやっぱり若いんだよなぁ。お顔がかわいい。んー。

●石野ランペルティーザ
すっかり、五反田のゴミ捨て場に馴染んでいました。違和感なし!この分だと当分オペラ座には帰ってこないような気がする。んー。

●八幡シラバブ
握手したことがあるせいか、どうも憎めないバブ。キョトン顔がかわいいし。でもやっぱり音は外しまくっていたなぁ・・・。歌が上手なら一番好きなのに・・・。んー。頑張れ、八幡ちゃんっ!

●レベッカヴィクトリア
おお、外人さん。顔が小さい、手足が長い!すっごく足がきれいに上がります。でも、まだ猫になりきってないような気がする。歌を歌ってる口の動きはちゃんと日本語にあっていたけど、たった一つのセリフ「と白!」の発音はやっぱり微妙・・・でした。(これだけなのに・・・)んー。

●幸田マンゴジェリー
ランパスの方が良いような・・・気がします。んー。

●塚下コリコパット
牛くん、なんて細くて美猫だったのだろう~。牛くんだとすぐにコリコの区別がついたのに・・・わ、わかんないよー。んー。

●齊藤タンブルブルータス
オペラ座で見ていたときは小さくて華奢なイメージだった翔くん。でも、すごくたくましくしっかり、大きく見えました。すっごいダンス上手!安定感バツグン。遠目には本当に翔くん?と思っていたけど、握手の時の笑顔は確かに翔くんでした。た、楽しそう・・・。オペラ座には戻ってくれませんか?


やっぱり気分はオペラ座を引きずっているらしい・・・。

<五反田:19回目>

2006/09/22(金) | 四季-レポ | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  |