FC2ブログ

ミュージカル ロミオ&ジュリエット

2011年9月10日ソワレ「ロミオ&ジュリエット」

東宝の「三銃士」も豪華キャストだったけど、こちらの「ロミオ&ジュリエット」も若手の有望株が集結!って感じでとても豪華でした~。

文句を先に言ってしまうと・・・
●赤坂ACTシアターのロビー、狭すぎっ。
●チケット代高すぎっ。(オケ無し、コーラス録音で一番安い席が四季のS席よりも高いなんて!)
●衣装デザインが不思議。ゼブラVSタイガー?ダルメシアンvsヒョウガラですか?!
●時々挟みこまれる現代感覚の違和感。‘マブダチ’とか携帯とかフェイスブックとか。「モーツァルト!」はお洒落だと思うんだけど・・・これは苦笑。

これらのマイナス要素を考慮しても、面白い舞台でした。リピしたい!と思うくらい。(でも、チケット代が高いから断念、残念。)

2階後方席だったにも関わらず、オープニングで目を引いたのは上原ティボルト!そして、中島さんの死のダンサー。一人だけ温度が違い、怪しい雰囲気が客席に満ちてこれからどんな展開になるのだろうかと引きつけられました。

現代的で斬新な演出やエピソードを盛り込んだ「ロミオ&ジュリエット」だったけど、基本のお話には(当然)忠実でストーリーについていけないという心配は全くナシ。

で、一番衝撃的だったのがキャピュレット家の人間関係。ジュリエットがこんなに重たく暗い家に生まれたなんて。これなら家(名前)を捨てて敵の息子との結婚もアリだなぁ・・・と。涼風キャピレット夫人の生々しさ!冷たさ、哀しさ。。。めちゃくちゃ合ってた。石川キャピュレット卿の苦悩と血のつながらない娘に対する本当の愛情、その不器用な表現に涙。上原ティボルトの叶わないジュリエットへの恋心と自暴自棄な奔放さ。なんて悲しい家族なんだ・・・。昆ジュリエットは前評判が高かったので正直こんなものか・・・と思ったけど小さくて可愛くて、必死な感じが「ミス・サイゴン」のキムとか似合いそうだなーと思いました。

対するモンタギュー家。息子ロミオを溺愛する優しく美しい母・・・大鳥モンタギュー夫人にいきなり‘マブダチ’とか言われて私、結構ショックでした。(爆)育三郎ロミオに浦井ベンヴォーリオ、良知マキューシオ。ダンサーも含めてそれぞれ存在感たっぷりで若者らしさはモンタギュー家の勝ちかな。ライトファンの私でもちゃんとダンサー永野さんは見つける事ができました。永野さんって永野さんらしい個性が生きた存在感のあるダンスをしますね!

ジュリエットとロミオの恋に反対していた良知マキューシオが死の間際にロミオの恋を認め、応援するところには感動。浦井ベンヴォーリオの軽妙洒脱さが、お前のせいでロミオが死ぬ事になったんだぞーとちょっと微妙な気分になっちゃった。浦井くんって舞台によって雰囲気ががらっと変わって芸達者だな~と思います。

キャピュレット家とモンタギュー家とは別の次元にいて、異彩を放ってた岡田パリス!!面白かった~こんな役もできるのね。

ロミオの死までは当然の様に眺め、死へ導いていた中島‘死’。ジュリエットの死には驚きを含んだ様な恍惚としたような少し違った表情で印象的でした。

本当なら逆なのにどことなく「ウェストサイド・ストーリー」を彷彿とさせる「ロミオ&ジュリエット」でした。若者中心でダンス盛り沢山だからかな。

2011/09/11(日) | 東宝・その他 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/1249-7cb6f126
 |  HOME  |