【へちま】久しぶりの和菓子教室

7月は節電の為臨時休校(DVDレッスン)で8月は夏休みだったので、久しぶりの和菓子教室です。
9月のレッスンは‘桃山’でした。

へちま201109101

桃山って地味なお菓子というか、あんまり食べたい!ってなるようなお菓子じゃないので期待していなかったのだけど・・・作ってみたらとっても気に入りました!!

まず、生地に膨張剤が入っていないので作った形そのままに表現できる。手や型にべたつくこともなくすごく扱いやすい生地で、材料は全て火が入っているから最後の焼成は色をつけるだけでOK!基本は生地の中に黄身餡を入れるけど、中に入れるもので味も印象もがらっと変わる。応用編では干しいちじくとくるみを入れて焼いたものを作りました。干し柿とゆずピールとか、栗や梅の甘露煮とか金柑のシロップ漬けとか入れても美味しそう。すごく自由で楽しい。

自分で初めて木型で抜いた‘菊’かわいい~
へちま201109105

先生の著書の中でも様々なバリエーションの桃山が登場していますが、色々なもので形を作ったアイデアを紹介してくださったり、レッスンはとっても楽しかった!!

へちまで作る和菓子は実はとっても簡略化されたもので、本当に和菓子職人が作るものとは工程も手間も
全然違うと思います。最初はそれってどうなの?と思ったけど、簡単だから和菓子がとっても身近に感じられるようになったし、何より先生の作る和菓子ってとっても垢ぬけていておしゃれ。やっぱり物作りって感性というかセンスがものを言うんだなぁ~としみじみ思いました。

来年も続けたいけど初級クラスの募集はナシなんだって・・・残念。

2011/09/10(土) | お稽古 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/1247-291ca51b
 |  HOME  |