ブロードウェイ・ミュージカル・ライブ2011

2011年8月28日マチネ「ブロードウェイ・ミュージカル・ライブ2011」@新国立劇場中劇場

キャストに魅かれて行ってきました!「BWML2011」
元四季の出演者も多かったけど、四季の訳詞そのままでバシバシ歌っていたのがとっても意外でした。玲奈ちゃんの‘Defying Gravity’とか。版権とか良いの?玲奈ちゃんが四季版で歌ってるのがとっても不思議な感じだったなー。そんな玲奈ちゃんはエルファバもアイーダもイメージじゃなくて残念だった(ごめんなさい)けど‘Home’@「美女と野獣」はすごく良かった!玲奈ベルだったら気が強そうでかわいくてぴったり!絶対無理だけど、ぜひ本編でも見たいなぁ。

久しぶりに拝見した保坂さんは相変わらず細くてカッコいいですね~土居さんとは仲良さそうで良い感じでした。土居さんの声もホント可愛くてマリア@「サウンド・オブ・ミュージック」を見そびれた事が残念過ぎる。二人とも全く年齢を感じさせない佇まいに憧れちゃいます。

客層はやっぱり姿月あさとさんのファンが多かったのかしら?さすが宝塚は動員力すごいですねー。宝塚には全然興味の無い私でも姿月さんの‘最後のダンス’@「エリザベート」には目も耳も釘付けでした。すごい存在感で歌唱力、他の曲と全然違いました。

歌ウマさんの集まりであるコンサートだけど、歌唱力ではやはり今井清隆さんが最強ですかね。あの声、大好きです。耳に心地良いんですよね。グロリアスボイスとは良く言ったもんだ、とつくづく思います。トークも面白いしね。おやじギャグだけど・・・。

そして、そして、韓国から来日して参加のキム・ジュンヒョンsii。日本語で歌う‘迷いつつ’@「アイーダ」も‘Stars’@「レ・ミゼラブル」も素敵だったけど、もう段違いに母国語で歌った‘This is the moment’@「ジキル&ハイド」が素晴らしかった!韓国で聞いたあの曲を日本でまた聞けるなんて。舞台を思い出してじーーーんとしちゃった。ど迫力だった~!!キムさん、すっかり韓流スターの貫録でした。来年の石丸さんの日本版「ジキル&ハイド」も楽しみ☆

地味だけど(失礼)石井一孝さんや戸井勝海さんも良かったな~本間さんのタップも楽しかった!あ、「ミーマイ」の人ってすぐにわかったよ(笑)。藤岡くんの幻の‘One song glory’@「RENT」も聞けたしね。アンサンブルだけど、雅登くんのプチソロも良いポジションだった。頑張って欲しいいな。本当に次から次へと盛りだくさんのコンサートでした。

曲の間のトークのテーマは「ミュージカル俳優になってなかったらなりたかった職業、今興味ある職業」でした。キムさんは「医者。俳優も舞台を見た観客の心を癒すという点で医者と似ている」と言っていました。
うん、元気もらったよー!!

2011/09/01(木) | 東宝・その他 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/1242-55ed6a31
 |  HOME  |