神様のカルテ

2011年8月27日「神様のカルテ」

原作を読んだ時にボロボロ泣いて、ほんわかした気持ちになった本が映画化されると聞いて興味がありました。でもキャストがイメージと違うので見に行くのはどうしようかな~と思ったんだけど・・・行ってしまった。

あら、意外と原作に忠実に出来ていました。

でも、医療物は見ているのが辛くて。病院には行きたくないよぉ、という気持ちが再び強くなっちゃった。
キャストのイメージはやっぱり違う。。。イチさんはもっと飄々としていてもっと変人だし、ハルさんはクールなイメージ。安曇さんはもっと大人しくて上品なおばあちゃま、って感じかなぁ。

学士殿が出て行くまでの流れは本当に切なくて大好き。もっと詳しく描いて欲しかったかも。

・・・とは言え、悪意のある人が全く出てこない作品で、非現実的な気もするけど心が洗われました。

音楽は辻井伸行さんの作曲で演奏なんだって。才能のある人はすごいねー本当に。

2011/08/28(日) | 映画・DVD・CD | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/1237-4cc69d88
 |  HOME  |