FC2ブログ

ソウル旅行記-ジキルとハイド①-

2011年6月18日ソワレ「ジキルとハイド」@シャルロッテシアター

6月からチェ・ヒョンジュsii(西珠美さん@劇団四季)が新たにエマ役に加わったというので「ジキルとハイド」を見ることに。日本版を見ていないので事前にCDでお勉強。音楽はかなり好きな感じ。

主役のジキル(ハイド)役にはキム・ジュンヒョンsii(金田俊秀さん@劇団四季)もキャスティングされているのでこの二人のペアで見れたらいいなぁ~と思っていたけどそう上手くいくはずもなく。(この二人が一緒に出る日は6月は2回だけでした・・・)

私がチケットを取った日は運良く、ヒョンジュさんの日!でした。

2011_0618_185842-CA3F0098.jpg2011_0618_190017-CA3F0100.jpg

なんですか・・・珠ちゃん。どんどんきれいになって・・・。クリスティーヌデビュー時のおてもやんメイクが嘘の様に思えます。あの頃は歌は上手いけど容姿がね・・・と言われていたのに 女は変わります。 超~かわいいエマでした。
ヒョンジュさんはとても上品な雰囲気を持っているのでソウル公演ではかなり情熱的なクリスティーヌ(@オペラ座の怪人)を演じていたけど、清楚なエマの方が好き。

初めて見た「ジキルとハイド」で内容が理解できるか不安だったけど、全然大丈夫でした。細かい事を言うと何故?はいっぱいなんだけど・・・でも、それ以上にすっごく面白かった。一人でジキルとハイドを演じ分ける役者さんの迫力、そのすごさ。初めて見たので印象が強いのかもしれないけど、この日のジキル(ハイド)役のホン・グァンホsiiに釘付けでした。‘対決’なんて本当に精力使い果たしてしまうだろうと思う凄さ。照明や音響もかなり手伝っていると思うけど(照明さん大変そう~)かなり見ごたえがありました。日本版のパンフレットを見せてもらって読んだけど鹿賀さんが「ちょうどいい年齢で出会った作品」というような事を言っていたけど(その時50代)、おいおい・・・それは違うのでは?と後から突っ込んでしまいましたわ。これを50代で演じてたのもすごいけど、ジキル(ハイド)役もルーシー役ももっと若い人でぜひ日本版も再演して欲しい!!(エマ役も歌える人でお願い。)韓国ミュージカルは配役が絶妙(実力主義)だと思うんだよねー。

2011/06/29(水) | 東宝・その他 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/1208-dc40c82c
 |  HOME  |