ソウル旅行記 -モーツァルト!-

2011年6月18日マチネ「モーツァルト!」@城南アートセンターオペラハウス

蚕室(チャムシル)での宿泊先は日本人女性限定のゲストハウス‘石村家’。

2011_0618_000121-CA3F0023.jpg
(泊ったお部屋)

駅から電話をかけたらお母さんが車で迎えに来てくれました。
到着日はソワレ公演後のチェックインだったので既に23:30位。そんな時間に迎えに来てもらうなんてちょっと迷惑だったかも・・・。その点ホテルの方が気遣いなくて良かったかなーと後になって思う。

2011_0618_074733-CA3F0026.jpg2011_0618_074745-CA3F0027.jpg
(朝ごはん・韓国風サンドイッチと手作りのお餅)

ゲストハウスは普通に家で過ごすのと同じ感じで、オーナーや宿泊客とのコミュニケーションが濃厚。お風呂もシャワーだけだし、そういうのが苦手な方は無理かも。私は同じフロアに泊っていた日本人女性の方に良くしていただいて2日めの「モーツァルト!」へ行くまでの間、チャムシルを案内してもらいました。

マチネでも週末の開演は15:00なので、余裕を見ても午前中はたっぷり時間がありました。お勧めのスーパーマーケットへ連れて行ってもらい、ランチはジャージャー麺を食べに行きました。一人じゃなかなかお店に入れないので助かった~アサリのカルグクス(?)もとっても美味しそうでした!

2011_0618_120206-CA3F0046.jpg2011_0618_120607-CA3F0052.jpg

ランチの後は‘ZOO COFFEE’でお茶をして、いよいよ城南アートセンターへ。

2011_0618_123954-CA3F0055.jpg2011_0618_131157-CA3F0066.jpg

ガイドブックの路線図では切れて掲載されていないエリアでしたが(乗り換え駅は『福井』(笑))チャムシルからはすぐでした。便利、便利。

2011_0618_142853-CA3F0076.jpg
(巨大な看板@城南アートセンター)

地下鉄を降りてすぐに日本人グループがいたり、席に着いたら後ろが日本人だったり、同じゲストハウスにもモーツァルト観劇ツアーのグループがいたみたいだし、今回の旅行で見た公演の中で一番日本人が多かった印象。

この日のヴォルフはパク・ウンテsii。さすがにとおっ~ても素敵なヴォルフでしたよ!!

韓国の「モーツァルト!」はもちろんストーリーや音楽は日本で見るのと同じだけど、衣装や演出が全然違ってとても新鮮でした。子役はアマデの他に子ナンネールもいました。アマデは男の子しかいなかったけど、女の子がアマデをした方がなんとなく好き。独占欲とかどろどろした感じは男の子より女の子でしょ、やっぱり。オープニングは紗幕の向こうで上手から下手に歩くようにお墓を探す演出ですごく分かり易かった。日本版は下手でごちゃごちゃやっていて暗いし、最初は何やっているのかわからなかったから。‘軌跡の子’ではキラキラのグランドピアノが天井から降りてくるのがもう圧巻!そして2幕のラストでは逆にピアノが上がっていくという演出。これ、すごく良かったです。韓国人の熱いソウル(魂)にモーツァルトの破天荒な性格がぴったり合って、かなりイッちゃってました。井上くんなんて大人しいもんだわーって。(井上ヴォルフ、好きだけど)衣装は日本版の方がおしゃれだなーと思いました。韓国版では‘赤いコート’をしょっちゅう着ていて、あら?捨てたんじゃなかった?と思う事しばし。

それにしても韓国版のミュージカルはみなさん歌唱力が圧倒的で本当に素晴らしいです。(浅利さんの言う事も事実なんだなぁ・・・。)オケも大迫力!堪能~。

そして、「モーツァルト!」ではお約束(?)のカテコ。

なんと、カテコは写真撮影OK なんです!!
きれいには撮れなかったけど、まぁ雰囲気だけでも・・・

こんな感じです ↓ 

2011_0618_174427-CA3F0093.jpg

な、なんかスゴイ。最後に‘僕こそミュージック!’を歌って終わり。もう、コンサート状態でしたねーしかも、ウンテ版‘僕こそミュージック!’がipodに入っていてずっと聴いていたのでうぉー本物だ~!!!!!と心の中で大興奮でした(笑)

「モーツァルト!」はかなり大々的に宣伝しているみたいで、バスの広告とか沢山見かけました。ジュンス効果?!(左のバスは日本人の「モーツァルト!」観劇ツアーバスだと思う)

2011_0619_115731-CA3F0125.jpg 2011_0619_121155-CA3F0131.jpg

2011/06/28(火) | 東宝・その他 | トラックバック(0) | コメント(4)

«  |  HOME  |  »

-

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/08/06(月) 23:12:03 | | [ 編集]

accasacca

>鍵コメ様

はじめまして。コメント、お問合せありがとうございます。以下参考になるかわかりませんが・・・。

私が宿泊した階は確か4階だったと思います。
2、3階がメインの客室、4階はオーナーのお母さまが住んでいる階、5階はオーナーが住んでいる階。私は5階までしか行っていませんが、6階もお部屋があるのかな。確かにエレベーターは無く階段のみでした。大きなスーツケースだと大変かもしれないですね。私は4階でオーナーのお母様のおうちに泊めてもらったみたいな感じでした。

シャルロッテシアターからは十分歩ける距離で、シャルロッテ観劇メインだったらすごく便利だと思います。空港からの移動も劇場の真前からリムジンバスが出ているのでとってもスムーズでした。

ただ以前より宿泊代も上がって、それほどお得という訳ではないみたいです。異文化体験という意味ではちょっと面白いかもしれませんが、安いホテルの方が気楽かもしれません。特に私はオーナーのお母様(日本語×)の生活フロアだったのでそう感じたのかも。2、3階だったらもっと気楽に泊れたかもしれないです。

シャルロッテは今は「ラマンチャ」でしたっけ?良い旅行になりますように。楽しんでいらして下さいね。

2012/08/08(水) 09:45:37 | URL | [ 編集]

-

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/08/09(木) 00:16:49 | | [ 編集]

accasacca

>鍵コメ様

あ!それから・・・お母さんの連絡先があるだけでひとりで言葉の通じない見知らぬ土地でちょっと心強かったです。宿でも積極的にコミュニケートしたらすごく楽しくなると思いますよ!

良いご旅行になりますように。

2012/08/12(日) 22:15:42 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/1207-40ade60b
 |  HOME  |