ソウル旅行記‐Spring Awakening-

2011年6月17日ソワレ「Spring Awakening」@ヨンガンホール

空港からホテルに寄らずまずは劇場へ。前回のSA公演と同じ会場なので勝手知ったるもの。ところが・・・ちょっと寄り道しようかな~なんて思いながら地下鉄の路線図を眺めていたら日本語堪能な韓国人男性に話しかけられ。最初は無視していたんだけどあまりに熱心に話しかけてくるのでちょっとだけ応じてみたらそこからずっーとおしゃべりに付き合わされる羽目に。ま、基本良い人みたいで親切心から路線図見てる日本人を助けてあげようと思ったみたいなんだけどね。

今回新しく出来た9号線に乗ってみたのだけど、断然5号線の方が便利だと思います~!空港は大丈夫なんだけど、乗り換え駅がハングルオンリーで乗り換え方法がわからないわ、切符が買えないわで、ドキドキでした。ここでも親切な駅員さんに切符をかってもらい無事通過。

ところが、そんなこんなで思っていた以上に時間がかかり寄り道をする余裕が無くなって来たので、予定を変えて直接劇場へ行くことに。そしたら・・・今度は改札を出られない!しかも駅員さんどころか、人も通らない。きゃー困った!この時は基本韓国人はお節介ないい人!だとわかってきたので、いぶかしげに私を見る男性を発見した瞬間に「通れないんです~」と自ら訴えた!そしたら親切に駅員さんを探してくれたり、無事に私が改札を出るまで付き合ってくれましたよ。本当にカムサハムニダ!

そんなこんなで一人あたふたしながらも無事に劇場へ到着。

前回公演の時売っていたらしい、地下鉄に乗るためのキーホルダー型 T-Money Cardが買いたかったのだけど、今回は無かったみたい。物販は少なかったですね~
私はパンフと何故かガムテープを購入。かっこいいでしょ(笑)

SAtape.jpg

舞台は2列目センター。相変わらず韓国のSAも熱いです。舞台も客席も。
今回のベンドラ役の女の子もかわいかった~でも、ちょっと気が強そう。(前回の子の方が好き)ベンドラ役のお嬢さん、大人の男性役の方と実際の親子なんですって!残念ながら今回はキャストが違ったので親子共演は見れませんでしたが・・・。お父さんの前であの作品を演じる・・・まぁ、父親の前とか知らない人の前とか関係ないんでしょうけど。保守的な(イメージ)韓国人としてはすごいことのような気がする。

メルヒオールは正統派の美少年でした。でも、モリッツがもっとイケメンだった。こういうモリッツもアリなんだ~とかなり新鮮。(見てないけど厂原モリッツはこんな感じなのかな~?と想像。)広告も全てモリッツのアップでカッコいいの!!

2011_0617_193100-CA3F0012.jpg

大人の女性は多分前回と同じ方。真面目なトコと笑えるトコのメリハリが利いて良くなってた。大人の男性はパンフだとちょっと若そうな方だけど、前回の方より断然良かった。ラテン語の授業でモリッツやメルヒを怒るとこなんて本気で怖くて。メルヒを叩いた棒が折れて吹っ飛んだよ。最近の四季版は手加減してるのがありありだったからすごく良かった。

やっぱりSAは切なくて好きだな~ソウルまで来て良かった!と思いながら深夜の地下鉄で宿泊予定のチャムシルを目指したのでした。

2011/06/27(月) | 東宝・その他 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/1206-326f5b64
 |  HOME  |