FC2ブログ

2月のお稽古<茶道>

2月後半に予定している先生のお宅での初釜で亭主役を務めることになりました。初釜では‘茶飯釜’の茶事を行います。茶飯釜というのは普段お湯を沸かしているお釜でご飯を炊いていただくというもの。まず、炭を直し、お釜をかけて、お米を入れて、ご飯が炊けるまではお酒とおかずで会話を楽しみ、炊きたてのご飯をいただき、場を改めてお濃茶→お薄となります。

ながーーーい一日になること間違いなし。

お客様でご飯を頂くのは楽しいけど、炭手前は苦手だし、茶飯釜は初めて。亭主のご挨拶も難しい・・・。本当に憂鬱です。。。

「お向とお菓子を考えて」と先生に言われていたのであれこれ考えて試作品を持参しました。‘黄身酢をかけた海老の白菜巻’です。

CA3F0319.jpg

ところが!既に鯛の昆布締めと煮貝が用意されてた・・・。
当てにされていなんだなぁ、私。

お菓子も‘紅白の梅きんとん’か‘うぐいす餅’はどうかと持って行ったのに‘西王母’に決まった。梅より桃ですか・・・。そう、季節は先取りするものですからね。

こんなことを考えるより、お稽古のビデオ見て、テキスト読んで、お手前を頭に入れなくちゃいけなかったようです。(そりゃそうなんだけど)この日はお炭手前だけ3回繰り返して。立ったり座ったりのスクワット状態で翌日は筋肉痛・・・。お茶って結構体力使うんだよ!

今日のお着物はしだれ桜模様の小紋に、いわさきちひろ風の絵が書いてある名古屋帯。出したい柄の向きの都合で今回は通常とは逆の関西巻きで締めました。帯自体が柔らかすぎる上に慣れないから緩くなってしまい大変でした・・・。

CA3F03310001.jpgCA3F0333.jpg

白くなっちゃって全然見えないですねぇ。

2011/02/06(日) | その他 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/1150-2a169f71
 |  HOME  |