刺激を探し彷徨っている?

2010年12月9日ソワレ「モーツァルト!」

さっそく追加。今期、井上ヴォルフ+香寿男爵夫人で見れるラストチャンス。珍しく1階席です。2階席に慣れているせいか1階席は案外見難い。高いところであれこれある舞台なので2階席の方が好きかも。

この日の井上ヴォルフはちょっとやり過ぎを感じてしまいました。感情の乗った歌や演技は良いんだけど、ちょっとオーバーアクションなのが気になって。例えば、皇帝陛下の前で演奏した後の喝采に応える場面とか。いつまでやってるんだ!って。井上ヴォルフのmy楽がこれというのはちょっと残念でした。あ、でも「星から降る金」のシーンでパパに「行かせて!」と訴えるシーンは必死さがひしひしと伝わってきてすごく良かった。香寿さんの歌ではなくてヴォルフの演技で泣きそうになったのは初めてかも。どちらにしてもこのシーンは秀逸だなぁ。

高橋ナンネールは相変わらずかわいらしいのだけど・・・今回は少し怖い。CDと比べても印象がずいぶん違うような。パパからの手紙をベルヒトルトに読み聞かせる場面での「あなた・・・」の言い方とか。「パパが亡くなったわ」の場面は特に怖い。「けっして許さない!」とかあんな言い方されたら夢でうなされちゃうよね。

夢と言えば・・・ヴォルフの夢の冒頭でアマデが背中を向けて右手を斜め上に挙げるポーズがかわいくて大好き。アマデは男爵夫人の言葉を借りてヴォルフに訴えたり、無言なのになんて雄弁なんだろう。

2010/12/09(木) | 東宝・その他 | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

riko-chan

やっぱり~(笑)あの場面はやり過ぎよね。全く同じことを思ったのでした!なんだかんだで終わってしまった『モーツァルト!』次はいつ観れるのかしら…。

2010/12/27(月) 21:02:43 | URL | [ 編集]

BOIS

>riko-chan様
あの場面だけじゃないけどね・・・>やりすぎ(苦笑)
年明けの大阪公演が私を呼んでいるぅ(←否、呼んでいない!)キリッ。

2010/12/30(木) 19:39:35 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/1115-9f05aaec
 |  HOME  |