この謎だけは解けはしない

2010年12月4日マチネ「モーツァルト!」
2010年12月4日ソワレ「モーツァルト!」

「モーツァルト!」をマチソワ。今回は1日で井上ヴォルフと山崎ヴォルフを堪能しようという計画。贅沢でしょ。でも、正直少し疲れました。全編良い音楽ばかりだけどやっぱりちょっと長いなーと思う。

マチネは井上ヴォルフ。
やっぱり井上くんの舞台映えは半端ない。赤いコートを着てくるくる回るところなんてすごく様になる。もう、その演技と歌にゾクゾクしっぱなし。「星から降る金リプライズ」の前の狂気とか本気で怖すぎる!人に見せたい!と思うのはやっぱり井上ヴォルフなんだなー。孤高な井上ヴォルフだと市村パパも‘息子を愛するパパ’というよりも‘息子の才能に嫉妬するパパ’の面を強く感じて憎らしく思うほど。だってパパがヴォルフの足を引っ張っているんだもの!

なんてマチネで思いながら、ソワレは山崎ヴォルフ。やっぱり歌に破綻がなくてとってもバランスが良い。山崎ヴォルフには悪いところが見つからない。その器用なところがヴォルフっぽくないと言えば言えないこともないかも?否、ヴォルフデビューでここまで完成させてくるなんてやはりすごいこと!あぁ~やっぱりどちらのヴォルフも甲乙つけがたい。

山崎ヴォルフはなんだかんだ言っても愛されキャラだと思う。若さゆえに未熟な感じは井上ヴォルフには無いところかな。きらきらな瞳で「何故愛せないの?僕を。」なんて言われちゃうともう・・・ね。(←ちょっと脱線)アマデ(才能)とも上手に折り合っていたはずなのに・・・どんどん乖離していく様子が切なくて。才能の枯渇に焦り、絶望していく過程がすごくよくわかる。市村パパも山崎ヴォルフだと息子を愛するパパなんだよなー。印象の違いが不思議な感じ。

一応、手持ちチケットはこれで終わりなんだけど、さてどこで追加をしよう。組合せの好みと日程を考えるとなかなか合う日が無くて会社が恨めしい。

2010/12/06(月) | 東宝・その他 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/1113-04262876
 |  HOME  |