FC2ブログ

10月のお稽古<茶道>

2ケ月ぶりのお茶のお稽古へ。今月は天目のお手前のお稽古でした。頭では覚えていないので、説明も出来ないし、手順も思い出せないのに、なぜか座るとちゃんと手が動くのです。体は覚えているみたい。すごいな、私。

CA395961.jpg

天目茶碗は貴人用なので飲みまわしはせず、一人分だけのお濃茶を立てます。お茶杓は象牙か節無しのものを使用。お茶入れは唐物で真の扱い。

お薄は中置のお手前。左側に水差しがくるちょっと変わった配置になります。秋になって涼しくなって来た時に、お客さまに暖を取ってもらえるように火鉢を少しだけお客様寄りに置くのです。(今日は夏に戻ったみたいに暑かったけどね)

CA395965.jpg

秋の草花模様の白薩摩のお茶碗に紅葉の木で作られたお棗。水壺を持ち出すところから始める。蓋置きは水壺と火鉢の間。このスタイルでのお手前は初めて。

お菓子は主菓子が源吉兆庵の津弥栗、お干菓子が桜井甘精堂の落雁でした。どちらも美味しい~

夏は浴衣しか着ていないので、久しぶりに着物を着るのにかなり手こずって、着物も帯も3回位やり直しました・・・。忘れるのは早いね。袋帯を結ぶ気合が無くて、名古屋帯で。(5月のお稽古の時と同じ帯)着物は薔薇色の一つ紋の色無地。若気の至りで作った着物で、濃い色が今では旅館の仲居さんにしか思えなくて大嫌いな一枚だけど、たまには出してみました。

CA395970.jpgCA395967.jpg

袱紗を着けていたので左側の帯揚げが変なことになっています・・・。(写真取る前に直そうよ。)帯の模様もちゃんと出ていません。あちゃー。

2010/10/11(月) | その他 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/1088-3bb34bc3
 |  HOME  |