FC2ブログ

2006ジャパン・ケーキ・ショー東京

今日は浜松町へ行きました。
と言っても四季劇場ではありません。四季劇場のすぐそばにある東京都立産業貿易センターというところで開催されている「2006ジャパン・ケーキ・ショー東京」(期間:2006.10/10~12)へ行ってきました。お菓子屋さんのお嬢さんであるcoboさんの案内で、学校の先輩であるaiさんとお料理教室を主宰されているmakikoさんとご一緒に。アンテナの高い人たちに囲まれて刺激をいっぱいいただいてきました。

          20070422214637.jpg

この様なイベントがあることさえ知らなかった私。日本の‘クープ・ド・モンド’(?)といった感じの国内最大の製菓業界を代表するビックイベントなんですって。このコンテストで賞をいただいたパティシエにはすごく箔がつくのだそうです。製菓学校の生徒さんの部とかもあり非常ににぎわっていました。飴細工、チョコレート細工、シュガーケーキ、など大型の工芸菓子にはとてもとても細かい作業が施されていてどうやって作ってあるのだろう?と神業を見る思い。

20070422214738.jpg

そして見ごたえいっぱいのグランガトーのコーナーにはパティシエであるcoboさんの弟さんが出品されていました。わぁ~すごーい!!

沢山のケーキが並んでいたけど傾向としてはチョコレートケーキにピストレ仕上げで凹凸のある飾りが多かった様に思いました。流行なのかな?デコレーション状態だけでなくケーキの中の組み立ても見たかったなぁ。

個性的な飾りが施されたアントルメはこれから作らなくてはいけない修了試験用のデコレーションの参考になりそう!まだ半年先のこと・・・なんてちっとも現実的に思えずにいるけどきっとあっという間に違いない。

お菓子の展示を見た後は様々な製菓材料(チョコレート、フルーツのコンフィ、アルコール、香料などなど)や本や道具(オーブンやショーケースやパッケージなどなど)の紹介コーナーを見て回って。製菓業界の成り立ちを垣間見れたようでとても勉強になりました。

会場のカフェコーナーでは@300円(飲み物とセットで500円)でトップパティシエのケーキを食べることができます。ここでいただけるケーキのレシピ本まで販売されていました。シェフがその場にいらして質問に答えて下さったり、サインをして下さるそうです。私たちが到着したのは時間が遅かったのでケーキはもう終わってしまって残念でした。(このカフェは入場券不要らしいので、四季劇場の前後にお勧め!来年ぜひどーぞ。)

来年も絶対に来ようと決意をし、会場を後にしました。coboさん、連れてきて下さってどうもありがとう~!!

さて、ケーキショーの前には念願の「フレデリック・スケルター」でランチ&デザート。最近お友達の間で何気によく聞くお店の名前。行かなくちゃ!と思っていたのです。前回私のミスで流れてしまったのでやっと伺うことができました。ボリューミィーで美味しいと評判のキッシュランチ(キッシュ・サイドデッシュ・サラダ・小菓子・飲み物)@1200をいただきました。ここのキッシュ、アツアツで具もたっぷり、しっかりした味付けが好みでした。満足度高し!デザートにはここではチョコレートを使ったケーキだろう、という事で「ハヴァナ」を選択。ライスパフをチョコレートで固めた土台にラムレーズン、生クリーム、チョコレートのムース。仕上げも大胆なチョコレートの飾りに金箔、とゴージャス。クリームの軽さと土台の硬さがちょっとアンバランスだったけど、味は最高に好きな感じ。もっと他のケーキも食べてみたいな。キッシュのセットに付いていたチョコレートもガナッシュの香りが上品で美味しかった。お土産に買ったガレットブルトンヌもゼッピン!焼き菓子もいける~☆

fs.jpg fs2.jpg

fs6.jpg fs5.jpg


ケーキショーの後は有楽町に移動してお茶。ここでririちゃん合流。おしゃべり楽しい!



2006/10/11(水) | おでかけ-カフェ・ケーキ | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  |