FC2ブログ

My Junk Is You

2010年9月12日マチネ「春のめざめ」千秋楽 @ウィンクあいち

何故「マンマ・ミーア!」静岡公演の千秋楽と同じ日にぶつけるかなぁ・・・。しかも同じ中部地域で!元々、こちらのチケットを取っていたのでマンマ千秋楽を諦めて静岡から名古屋へ移動。ちょっぴり後ろ髪を引かれながら・・・。

でも、舞台を見たらそんな思いは吹っ飛びました!!

やはり「春のめざめ」の世界観、好きです。音楽も素晴らしくて音に包まれるような感覚は他の舞台では無い感じ。シングルキャストのためちょっとお疲れ?状態のキャストさんもいましたが、「春のめざめ」に関しては未熟で不完全なところがまた味となるような。上手さじゃなくて熱さ、情熱が大切だと思うのです。(下手で良いと言っているわけではないですよ、念のため)生きるのに精いっぱいの若者たちの姿と、舞台を必死で務める役者さんの存在感が重なりあうようなそんな舞台が好きだなぁと思うのです。

そろそろ現キャストさんも慣れてきた頃だと思うので、ここはひとつがらっとメンバーを入れ替えて、初演のようにまた一から作り上げていったらどうかな?なんて思ったりしています。愛着のあるキャストさんも沢山いるけど、また柿澤メルヒオールのような衝撃的な新人の発掘を待っています。「春のめざめ」はその舞台(=新人の発掘)にぴったりだと思うので。しかし、今まで完全シングルキャストだった白瀬ゲオルグの後を継ぐ人は大変だ・・・。

名古屋デビューの玉井モリッツ。頑張っていたと思うけど私の中で玉井くんはモリッツよりオットー、オットーよりアンサンブルなんだよなぁ。それだけ、アンサンブルでありながら存在感が素晴らしかったということ。小松ベンドラは初日近くの硬さが取れて笑顔も多くなっていたので良かった!でもやはり‘上手に演技しています’という印象がぬぐえない。山中アンナが何気にすごく良いのでベンドラも合いそうじゃない?アンサンブルの権ちゃんがいきなりメルヒデビューでも良いのでは?と思う。歌唱力とかわからないのでイメージだけだけど。「Totally・・・」の動きも激しくなってましたよ!

また、千秋楽特別カテコが 素晴らしいものでした。
これを見ただけで、交通費かけて名古屋まで来た甲斐があったというものです。
今までのカテコでは「Totally F・・・」とか「B・・・ of Living」とか動きの激しいノリの良い曲が多く、これはこれでわぁっ!と盛り上がって良かったのだけど。今回初めて「Touch Me」でしっとりと聴かせるカテコでした。感性にバシバシ訴えかけてくる素晴らしいものでした。しかも、目の前に一和くんが降りて来てくれて、ドギマギ。白瀬くんのソロアレンジも冴えわたり、再び音楽に身をゆだねる喜びに包まれました。(白瀬くん、カテコでアレンジするなら本編では通常バージョンでやって欲しかったかも。)

細かい不満や違和感は正直あるのですが、やはり「春のめざめ」も大好きな作品です。千秋楽お疲れさまでした!次は京都!!

2010/09/14(火) | 四季-レポ | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/1075-b096ea37
 |  HOME  |