2017.05.06マチネ「オペラ座の怪人」@KAATホール

今回の横浜は「オペラ座の怪人」と「春のめざめ」のマチソワ観劇がメインでした。

2017050604.jpg

まずはマチネで久しぶりの「オペラ座の怪人」観劇。初めての神奈川芸術劇場(KAAT)へ行ってきました。この劇場、とっても雰囲気が良くてサイド席だったけど意外と観やすくて、生オケで音もよく響いてすごく良かったです。横浜、遠いなーと思っていたけどまた行きたい!と思う劇場でした。

2017050603.jpg

高井ファントムの声もよく響いて(滑舌が悪いのもデフォでしたが。)と、山本クリス(初見)はファントムへの気持ちがすごく伝わってきました。ラストの地下室でファントムを抱きしめる時、すごくぎゅううーっとしていて切なかった。上品で芯の強そうなクリスで良かったです。初見の光田ラウルだけはちょっと残念でした・・・が、個人的な思い入れが無い分ファントムとクリスに集中できて良かったかも。今回の横浜公演から演出が変わった部分が沢山あって、否定的な意見が多そうな墓場の三重唱、私はアリかな、と。場に重厚感が出たしラウルの声が加わってもなお疎外感を感じるラウルが一層切なくて。でも‘墓場にて’の最後を2回繰り返すのはいらないかなぁ・・・。

唯一の男性ダンサー枠の松永さんのダンスがすごーくきれいで釘付けでした。特に鞭男の上半身のたくましさと軽やかさのギャップと、マスカレードの男女のマントの翻しに釘付けでした。

大満足の「オペラ座の怪人」でした。

2017/05/07(日) | 四季-レポ | トラックバック(0) | コメント(0)

2016.12.25ソワレ「王子とこじき」@ルネ小平

「王子とこじき」が全国公演で実家の近所に来るというのでなんとか都合をつけて行ってきました。(何故こんな年末の忙しい時に来るのよー!)

久しぶりのルネ小平

2016122503.jpg

有名な大きなポストとか
2016122502.jpg

かわいい椅子のオブジェ
2016122501.jpg

がありました。

本日のキャスト

2016122504.jpg

9月に観た千葉公演のキャストとだいぶ違います。

他の作品でもメインキャストを張る小松加奈ちゃんと木内志奈ちゃんの主役コンビの存在感は半端なかったです。本当に良く似ていてどっちがどっちかわからなくなりそうでした。お母さんだけがトムだとわかってくれるというのもじーんとくる。そして王子よりも王子らしい涼太さん‘マイルス’を堪能して幸せに年を越せそうです。

実家に泊まりたいところだけど、千葉まで帰ります。
ファミミュだと15時開演でもソワレなので、ソワレ後でも十分帰宅可能で良かったー

2016/12/25(日) | 四季-レポ | トラックバック(0) | コメント(0)

2016.12.16マチネ「ノートルダムの鐘」

12/11に日本初演を迎えた「ノートルダムの鐘」を観に行ってきました。

2016121601.jpg

キャストは希望していた海宝カジモド&岡村エスメラルダ!
海宝くんの演技力と歌唱力は言わずもがなだし、出演も短そうだから最初に観ておきたかったのです。飯田カジモドと交互出演だからドキドキしちゃった。(飯田くんも田中くんも観たい!)

2016121602.jpg

音楽はアニメ版で予習していたけど内容はあまりチェックせずに行ったのでラストの展開には手に汗を握った。切ない・・・切ない終わり方でした。そしてラストのカジモドだけきれいな顔で登場してその他の出演者の顔が汚れているという演出。オープニングではきれいな顔のカジモドが顔を汚して背中を丸めて始まるシーンと対比していてすごく良いなと思いました。誰が善人なのか?何が本当の善なのか?と観客に問いかけてくる大人の作品でした。主人公のカジモドさえ完全な善ではないところが本当に人間臭くてぐっときます。

そして音楽が本当に本当に本当に素晴らしい。
一度聞いただけで頭を離れないキャッチ―なメロディー、荘厳で重厚な音楽。クワイヤも贅沢で素晴らしかったです。身体中が音楽で包まれるような感じがしました。
あ、「僕の願い」はアニメ版とは歌詞が違いました。ストーリーの展開上同じにできなかったのかな・・・ちょっと違和感でした。

今回上から観ていたのだけど、舞台の床中央に謎の文字が・・・すごく気になって劇場のお姉さんに聞いたけどわかりませんでした。家に帰ってから読んだ読売新聞のPop Styleにその答えはありました。「宿命」という意味を表しているそうです。宿命・・・!

本当は観た直後は一週間前に観た「プリシラ」の方が面白くてまた観たい!すぐ観たい!ってなっていたけど、日数が経つにつれてだんだん「プリシラ」の興奮は収まり、「ノートルダムの鐘」がずっしりと心を占め、音楽が頭を離れず、また観たくてたまらなくなっていることに気づきました。「ノートルダムの鐘」はそういう作品。

2016/12/17(土) | 四季-レポ | トラックバック(0) | コメント(0)

2016.10.15マチネ「壁抜け男」

  2016101506.jpg

当日券で突発してしまった「壁抜け男」@自由劇場。キャストがだいぶ変わってどうなるか?

前回(2014年)公演を見ていないので「壁抜け男」観るの4年ぶり・・・?飯田くんのデュティユルもすっかり板について、大人の可愛さを感じました。‘イザベルとデュティユルのデュエット’なんてデュティユルの照れっぷりにこちらが赤面しちゃうわー(笑)

そうそう、そんな鳥原イザベルがすっごく良かったです。
清潔感のある色気に溢れていて、デュティユルが恋に落ちるのもわかるわーって。ちょっと生々しく感じるところもアムールの国フランスのミュージカルっぽくて良い感じ。小粋でお洒落で素敵な世界観がありました。

はにべさんの娼婦もキュートで可愛くて。援助交際50年になってたと思うけど40年位でいいんでないかい?

笠松新聞売りはデビューしたばかりで前任の有賀くんにそっくりでした。有賀くんより体格も良くて髪型もくるくるしてるのに不思議ね。

そして今回はオケ(3人)の生演奏も復活。嬉しい!!ぐぐっと舞台が重厚に感じられます。やっぱり「壁抜け男」はこうでなくっちゃ。

楽しかった~

2016/10/15(土) | 四季-レポ | トラックバック(0) | コメント(0)

2016.09.10ソワレ「王子とこじき」@市川市文化会館

2016091002.jpg

劇団四季のファミリーミュージカル「王子とこじき」を観てきました。初見だったけど結構じーんとしちゃった。王子役の高野唯ちゃんの常に凛とした演技好きだったな。無理やり「本当の事を言おう!」「信じることが大切!」と訴えていたけどちょっと取って付けた感満載で・・・どうかなー。それ以上に王子が街で生活して現実を見知ったことが重要で、こういう王子はきっといい王様になる!と思えた素敵なお話でした。

ま、一番観たかったのは涼太さんの久しぶりの新役‘マイルス’。王子を助ける超良い人の役!おひげがカッコよくて素敵でした。

ファミリーミュージカルって出演者によるお見送りがあるのよね。(これ苦手)←とか言って涼太さんと握手してきちゃった・・・子供たちを差し置いてちょっと反省。

2016/09/10(土) | 四季-レポ | トラックバック(0) | コメント(0)

2016.02.19マチネ「ウエストサイド物語」

2016021902.jpg

新演出版の「ウエストサイド物語」を観に行ってきました。
今回は生オケだし、とっても楽しみだったのですが・・・

あれれ・・・?

オーバーチュアがない?!幕の裏からの「マンボっ!」の掛け声も聞こえなくて、いきなり幕が開いて始まるなんて肩透かし。何のための生オケなんだよぉー(涙)

キャストはだいぶ若返って新鮮で良い感じ。(除くトニー)

2016021903.jpg

岡村アニタがすっごい大人で新しいアニタ像でした。アニタのレイプシーンはリアルさが増したのか、ジェットに対する憎しみの爆発はぐっと迫ってくるものがありました。上手くいくはずだったのにボタンの掛け違いで悲劇に突入していく感じが本当に切ない物語です。

新演出のダンスシーンは思ったほど変わっていなくて、オープニングのY字バランスのダンス、‘マンボ’や‘アメリカ’や‘クール’など、ザ・定番の安定感。全く踊れない私だけど、観てるだけで身体がムズムズする感じ。たまらないカッコ良さ。でも、1幕ラストの決闘シーンではフェンス越えが無くなっていたし・・・新演出は微妙な改悪。

2016/02/20(土) | 四季-レポ | トラックバック(0) | コメント(0)

2016.01.28マチネ「アラジン」

去年の12月に海宝アラジンがデビューしてから何度か前予にチャレンジしているのだけど全然取れなくて、今回もダメだろうな~と思いながら電話をかけました。フライングして14時前に着電してしまうという失態。益々ダメだと思ったけど、再び電話をかけてタイミングよく戻りがあったみたいで1枚チケットをゲット出来ました。ひゃ~びっくりぽんや!

2016012801.jpg

2016012802.jpg

海宝アラジン!!うぉー見たかったぜ。

いやぁ・・・期待通りに素晴らしかった。外部の方はやっぱり華やかね。主役はこうでないと!キラキラの瞳が饒舌に語ってジャスミンじゃなくても虜になってしまいましたわ。市場の女子にキャーキャー言われるのも納得。いつまで居てくれるのかな~

「アラジン」はストーリーの展開も早く、音楽もノリノリで、ダンスも華やか。絨毯のフライングとか大がかりな仕掛けで夢中になっている間に終わってしまう、魔法のような舞台。先行でチケットを全く取っていないのでまた前予頑張ろう!
more...

2016/01/28(木) | 四季-レポ | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  »