FC2ブログ

月曜お昼のワインレッスン2回目/2020

2月のワインレッスンは白ワインのブラインドでした。

2020021701.jpg

第一印象からどんどんイメージが変わって難しい!と思ったけど、最初の印象が大切、って。最初に思った品種でほぼ合っていたいたのにどんどんわからなくなってしまう・・・

1本目はグラーヴのソーヴィニヨン・ブランとセミヨンのブレンド。セミヨンの苦みが好みだと気づきました。2本目はイタリアのシャルドネ。見た目と中身が全然違うコでした。グラスに注いだ時色も淡く、少し発泡していたので若くて瑞々しい感じを想像したけど、ボリュームもあって、樽っぽさも感じられるしっかりした味でした。

レッスン後は久しぶりにみんなとランチ。

2020021702.jpg

牡蠣とフレッシュトマトのオイルパスタ。このお店の牡蠣のパスタは牡蠣がこれでもか~!ってくらい入っていて大好き。

①CLOS FLORIDENE 2015 GRAVE BLANC
②LIS NERIS JUROSA 2016 フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア

2020/02/17(月) | ワイン | トラックバック(0) | コメント(0)

月曜お昼のワインレッスン1回目/2020

今年初めてのワインレッスン。テーマはイタリアのピノ・ノワール(ピノ・ネロ)でした。

2020012002.jpg

ブルゴーニュの中心部と緯度が同じ北部の国境沿いの州であるトレンティーノ=アルト・アディジェ州で作られたワインを飲みました。イタリアのピノはブルゴーニュのピノの様に長期熟成させるタイプでは無いのでフレッシュで美味しく飲めました。
①と②はすごく似ていて、年代を見極めるのはすごく難しい。香りは①の方が華やかで②は控えめ。味は①は酸味、②は渋みが特徴でした。でも全体としてやっぱり似ている。

トレンティーノ=アルト・アディジェはオーストリアとイタリアの国境で、歴史的にオーストリア領だったことが長く、第一言語はドイツ語、第二言語がイタリア語で、ドイツ語圏の文化が色濃く残っている地域です。ワインのラベルにもドイツ語とイタリア語が併記されています。ヨーロッパではよくある話なのかもしれないけど、戦争の歴史を目の当たりにして複雑な気持ちになりました。

2020012003.jpg

ワインに合わせたのはカネーデルリという郷土料理のパン団子。やっぱりパスタではなくパンの文化なのだそう。

2020012001.jpg

2020012004.jpg

今回もランチはパスしてデザートのパンナコッタ金柑のコンポート添えをいただき、ちょっと早めに帰宅しました。

①DOCアルト・アディジェ ピノ・ノワール 2018 テルラン(右)
②DOCアルト・アディジェ リゼルヴァ ピノ・ノワール 2016 サン・ミケーレ・アッピアーノ(左)

2020/01/20(月) | ワイン | トラックバック(0) | コメント(0)

月曜お昼のワインレッスン8回目/2019

今年最後のワインレッスン。

2019120901.jpg
2019120902.jpg

テーマはオレンジワインでした。通常の白に比べて味わいがしっかりしているので肉料理やスパイシーな料理にも合うそうです。
自然派の特徴である還元臭が有ることが多かったり、開けてからも酸化に強く開くのに時間がかかったりするので、その違いを感じるために開けてすぐとデカンタージュしたものを飲み比べました。最初はbioっぽい還元臭があったけど、だんだん馴染んでいくのがわかりました。

イタリアのシチリアとロンバルディアの自然派の生産者のオレンジワイン2本をいただきました。

2019120903.jpg

今回はランチはパスしてデザートのプリンをいただき、早めに退席させていただきました。来年も楽しみです。

2019/12/09(月) | ワイン | トラックバック(0) | コメント(0)

月曜お昼のワインレッスン7回目/2019

2019111101.jpg

台風だのなんだので2ケ月ぶりのワインレッスン。
今回はコート・デュ・ローヌ北部の白ワインがテーマでした。北部は生産量が少なくて高級なワインが生産されている地域だそう。AOCコンドリュー(ヴィオニエ100%)とAOCサン・ジョセフ(マルサンヌ60%・ルーサンヌ40%)の飲み比べ。
ローヌだけど品種の違う白ワインで、厚みがあって程よい酸味と甘さが共通点でした。コンドリューは最初控えめで、少し温度が上がった位が美味しいなと思いました。どちらもナッツ、茸、クリームなど秋っぽいお料理に合いそう!

2019111102.jpg
2019111103.jpg

お料理は洋梨と生ハム、ブルーチーズのサラダと牡蠣と白インゲン豆、ドライトマトのオイルパスタ。

2019/11/11(月) | ワイン | トラックバック(0) | コメント(0)

月曜お昼のワインレッスン6回目/2019

2019080501.jpg

真夏のワインレッスン。暑い日は冷たい白ワインが沁みる~

メンバーの資格試験対策のため今回もブラインドで。
久しぶりに頭を使って飲む・・・わかるようでわからなくてもどかしさこの上ない!

正解は左からリースリング、ソーヴィニヨンブラン、シャルドネ、でした。
好みはシャルドネ派とソーヴィニヨン・ブラン派(リースリングもこっち)にきっちり二分。こういうの面白いね。

2019080502.jpg
2019080503.jpg

おつまみはひらまさと帆立のカルパッチョ、ランチは鶏とごぼうのパスタ。

私にも良い復習になりました。まだまだだなー

2019/08/05(月) | ワイン | トラックバック(0) | コメント(0)

月曜お昼のワインレッスン5回目/2019

2019070801.jpg

7月のワインレッスン。シラー/シラーズでしたが、最初はブラインドで。突然、今日はブラインドですって言われてビビりました。しかもぜーんぜん、わかりませんでした。撃沈。

2019070802.jpg

フランス、ギガルのシラーはクセが強くてちょっと苦手な感じでした。クセの強いジビエなどに合わせると生きるそうです。南オーストラリア、クナワラのシラーズの方が果実味中心の味わいで好みでした。

シラーか・・・シラーは全く浮かばなかったけど、超基本の品種だよね・・・。(でも、普段あんまり飲まないなぁ)

チーズは3種。カショッタ・ドゥルビーノ、カマンベール・ノルマンディ、エポワスでした。とろとろのエポワスが美味しかった~チーズも勉強してみたいけど、奥が深くて足を踏み入れる勇気が出ない。

2019/07/08(月) | ワイン | トラックバック(0) | コメント(0)

月曜お昼のワインレッスン4回目/2019

6月のワインレッスン。テーマはトカイワインのレイトハーヴェストでした。甘いワインなんて…と思いがちだけど、たまに飲むと美味しい〜

2019061001.jpg

どちらも2016年なんだけど、オレムス(左)は酸味もあってすいすい飲めちゃう感じで、ドメーヌ・ディスノク(右)は酸化した様な、えっ?!と思う香りと円やかな味とのギャップが印象的でした。合わせたゴルゴンゾーラとはちみつのパイがまた美味しくて最高でした。

2019061002.jpg

北海道旅行のお土産に出来立てのモッツァレラチーズをいただきました~

2019061003.jpg

レッスン後のランチは場所を移して、手打ちパスタ。

2019/06/10(月) | ワイン | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  »