ランチワイン会 3/2017

2ケ月ぶりのワインレッスン。

今回は‘フランスの白ワイン’がテーマでした。

2017062805.jpg

右から
①AOCアルザス・リースリング アンドロ― 2014 / マルク・クライデンヴァイス
②プイィ・フュメ 2016 / パスカル・ジョリヴェ
③AOCムルソー 2014 / ルイ・ラトゥール
④AOCコンドリュー 2013 / E.ギガル

①のアルザスのリースリングはBIOのせいか色が濃くてリンゴの様な味がしました。誰かが炭酸の抜けたシードルみたいって言ってたけどそんな感じ。個性的でリースリングっぽくないな~と思ったけど時間が経つとペトロール香が出てきてやはりリースリングなんだ、と納得する感じ。こちらでは毎年、実際にワインを飲んだインスピレーションでエチケットの絵を書いてもらうのだそうです。2012年と2014年の絵柄があまりにも雰囲気が違うのでどれだけ味が違うのか興味があります。
②プイィ・フュメはソーヴィニヨン・ブラン100%でいかにも、という感じの花の香り。
③ムルソーはブルゴーニュのシャルドネ。上品な樽香で今回飲んだ中で1番、ダントツに美味しかった。安心、安定の味。
④コンドリューはヴィオニエ100%で金木犀の様な花の香りで中華的な印象。中華料理にも合いそう。メインのお肉のハニーマスタードの甘さやデザートにも合うと思いました。・・・でも、②と④のような花の香りの華やかなワインはちょっと苦手かなー

お料理は前菜はお魚色々、とうもろこしのリゾットに生ハム、メインは恋する豚のお肉でグラスの赤ワインを追加している方もいました。ひと口いただいたけど、その赤ワインも美味しかったな~
デザートは桃のコンポートとパンナコッタ、コーヒー。

2017062801.jpg
2017062802.jpg
2017062803.jpg
2017062804.jpg

2017/06/28(水) | ワイン | トラックバック(0) | コメント(0)

ワインの試飲会

地元のスーパーのイベント「もっとワインが楽しくなるキャンペーン」に当選して、幕張のホテルで開催された特別ワイン試飲会に参加してきました!

2017051002.jpg

203種類のスーパーで取り扱いのあるワインがずらっ~と。最初はスパークリングから・・・と飲んでいったけど、沢山の種類を1度に沢山飲んでも味が全然わからなくて。ひとつひとつ考える余裕も無くて。そんな中でも美味しいな、と思ったのは

シャンパーニュはモエ・ブリュット・アンペリアルがナッティな風味があって味がしっかりしてやっぱり美味しいな、と。スパークリングでは飲んでみたかったボッテガ・ゴールドを飲めた事は収穫。高畠ワイン嘉のロゼスパークリングとシャトー・ジュンのジュンスパークリングも良かった。
白はビショー・ブルゴーニュ・シャルドネ、タリケのソーヴィニヨンブラン、白百合醸造のロリアン・勝沼甲州、赤はモンテ物産のバローロ、センシィのキャンティ、パロ・アルトのワインメーカーズセレクションが良かったかな。バローロは普段飲みにはちょっと高いからCPで言うとそれほどでもないのかも。

2017051003.jpg

目玉ワインは抽選会で当選しないと飲めないという・・・だんなさんがみごと当選してルーチェのセカンド、ルチェンテを飲むことが出来ました。(え?ルーチェじゃないの・・・?)

食べ物は一切ありません、という案内だったのでこっそりチョコレートをいくつかしのばせて行ったけど、チーズ2種類とバゲット、リッツなんかがありました。バゲットにカマンベールを乗せて食べると美味しかったー

十分満喫したのでちょっと早めに退出。帰りのラッシュに巻き込まれる前に帰宅。今回会場での販売は無かったので今度の2割引の日に購入してちゃんと飲んでみようと思います。その場で販売をしないというスタイルも気楽に参加できて良かったと思う。来年も参加したいなー
more...

2017/05/10(水) | ワイン | トラックバック(0) | コメント(0)

ランチワイン会 2/2017

少し間が空いて開催されたランチワイン会。間が空いた分だけちょっとゴージャスなワインを楽しむ会となりました。

「ブルゴーニュのグランクリュ」がテーマで、ジュブレ・シャンベルタンの村名1種とグランクリュ4種。上質なピノ・ノワールの個性の違いを感じました。

2017042606.jpg

左から
①ジュブレ・シャンベルタン 2009 /セラファン
②ラトリシエール・シャンベルタン 1999 /シモン・ビーズ
③シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ 2003 /ドメーヌ・ドルーアン・ラローズ
④グリオット・シャンベルタン 1999 /ドメーヌ・ルネ・ルクレール
⑤マジ・シャンベルタン‘キュヴェ・マドレーヌ・コリニョン’ 1991 /オスピス・ド・ボーヌ

①と③はまだ若いので早めに抜栓し、デカンタージュしたものをいただきました。①の村名は色もクリアで確かに若々しくフレッシュだけど、十分美味しくいただけました。通常だったらこれでも十分豪華ワイン(市価12000円位だそう)!
②は亡くなった夫の跡を継いだ日本人の千砂さんが運営しているワイナリーのワイン。旨味系(味の素とか)の香りがしてチーズと合いそうって皆で話ていました。
③の2003年は暑い年でぶどうが良く熟したため若いのにボリューミィ。色ももわっとした感じでした。
④は柔らかくて苦みも酸味も無くてチャーミングな感じ。女性的なかわいいワイン。
⑤はオスピス・ド・ボーヌの象徴とも言えるオークションで落札してから熟成、瓶詰めされたワイン。だから誰が落札したかで味が全然違うものになるそう。どんな味かわからないから賭けみたい。今日の1本は91年というなかなか古いヴィンテージにも関わらず色もクリアで酸味も残っていて古さは全く感じない(飲み頃を迎えている感じ)、すっきりしてとっても美味しかった。④が女性的なら⑤は男性的な強さがあって両極な印象。⑤が1番好きかな。

お料理も美味しかったです。

2017042601.jpg
2017042602.jpg
2017042603.jpg
2017042605.jpg

ヴェネト産ホワイトアスパラガスに桜えびのフリットがパラパラっとかかり、ホタルイカとアイスプラントと菜の花を添えた春満開の一皿で始まり、手打ちのピーチに鹿、豚のラグーソース、フレッシュのブラウンマッシュルームのスライスをたっぷりのせたパスタ。(マッシュルーム、家でもやってみよう!)メインは北海道産の牛のタリアータにグリーンマスタードのソース、デザートはせとかとほのかのミルフィーユ。コーヒーとメレンゲもいただきました。ここのメレンゲ美味しくて大好き。

ごちそうさまでした。

2017042607.jpg

2017/04/26(水) | ワイン | トラックバック(0) | コメント(0)

月曜お昼のワインレッスン 5/2017

朝起きたら雪が降っていてびっくり!3月末にして今年1番の積雪でした。お昼前には雨になって風も強かったけどなんとか頑張ってワインのレッスンへ。欠席もほぼ無く皆さん集まってすごい~

2017032702.jpg

今回のレッスンはイタリア、ヴェネト州のDOCG リソンの2012-2013-2014の垂直テイスティングでした。直近の3年が揃うなんてなかなか無いことなのだそう。とは言えそんなに違いも無いだろうと思いきや・・・同じワインなのに全然違う味わいにびっくりな結果でした。ブドウはタイという土着品種でフルーツっぽさよりミネラル感が強い感じ。2012年はそれなりに熟成感が出てきてるし、2014年はやっぱりフレッシュだけど、各年ブドウの出来が違うみたいで2013年がバランス良く美味しかった。

合わせた前菜はホタルイカと甘エビ、せとかとピサンリ(茎をたべる遮光たんぽぽ)のマリネ。春の味の苦みがワインの中にある苦みと合うような気がしました。

レッスン後のランチはお野菜がいっぱい食べられるランチプレートをいただきました。

2017032703.jpg

お土産に買って帰った100円のメレンゲがさっくさくでアーモンドの味がアクセントになっていてすごく美味しかった。また売ってるといいなぁー

2017/03/27(月) | ワイン | トラックバック(0) | コメント(0)

月曜お昼のワインレッスン 4/2017

今回のレッスンは「ロワールのシュナン・ブラン」3種でした。

2017031305.jpg

辛口のヴーヴレと貴腐ワイン、コト―・デュ・レイヨンとボンヌゾー。シュナン・ブランを意識して飲んだ事なかったけど辛口も甘口も美味しい!辛口のヴーヴレは優しい雰囲気を残しながらも酸があってすっきり飲みやすい。シュナン・ブラン、気にいった!

2017031303.jpg

ワインに合わせたのは甘い方に寄せてアップルパイ。さすが、これは濃厚なボンヌゾーと合う コトー・デュ・レイヨンはすっきりした甘口なので食事でもいけるかも・・・。どうかな?

今回はスペイン旅行へ行かれていた方のお土産のワインもいただきました。

2017031304.jpg

美味しいテンプラニーリョでした。ごちそうさまでした。

2017/03/15(水) | ワイン | トラックバック(0) | コメント(0)

月曜お昼のワインレッスン 3/2017

2017022703.jpg

今回のレッスンはボルドーの格付けワイン。
マルゴー2級のシャトー・ローザン・ガシーとポイヤック5級のシャトー・ダルマイヤックのテイスティング。2013年と若くて飲み頃はまだまだなんだけど、会の最後にはだいぶ開いてきてポテンシャルを感じたのは5級のダルマイヤック。(ダルマイヤックは2017年度のJAL国際線ファーストクラスのワインセレクションの中にも入っています。)

若いヴィンテージで飲むと酸味と渋みが強くて全然良さがわからないけど、この酸味と渋みがあるから長期熟成に耐えて美味しいワインに変化するという。今度は熟成して飲み頃を迎えた格付けワインを飲んでみたい。

ワインに合わせたおつまみはベタにローストビーフ。お肉の血のニュアンスがカベルネとリンクして確実に合う。合う。

2017022701.jpg

レッスン後の昼食は新メニューのワンプレートランチ。お野菜たっぷりで美味しかった~

2017022702.jpg

2017/02/27(月) | ワイン | トラックバック(0) | コメント(0)

月曜お昼のワインレッスン 2/2017

今回のテーマはイタリアの「カンパーニャ州のワイン」でした。
シチリアに続いてカンパーニャも美味しかった。南イタリアのワインが好みに合うのかもー!

2017021305.jpg

白はIGPで、ダナエ・グレーコ・ベネヴェンターノ(2014年)。色が濃いのはブドウの品種(グレーコ)によるもので、樽には入っていません。熟したフルーツの香りで後味にはちみつのような甘さ。すごく好みの白に出会ってしまった!

赤は最初にDOCのラクリマ・クリスティ・デル・ヴェズーヴィオ・ロッソ(2014年)。鉄分のニュアンスとすっぱいベリー、渋みが少し残る感じ。飲み比べたら3本目のDOCGラディーチ・タウラージ・リゼルヴァ(1998年)の方がまろやかで複雑な香りがして美味しい!と思ったけど・・・

2017021302.jpg

食事と合わせると断然ヴェズーヴィオの方が合うと思った。トマトソースの酸味とワインの酸味が合うのかな。飲んで美味しいワインと食事と合わせて美味しいワイン。どっちが良いのか・・・やっぱり難しい。

レッスン後の食事はオイル系の牡蠣と長ネギのパスタ。本当はトマトソース系が合うとは思ったけど・・・食べたいパスタを選んでしまった。

2017021304.jpg

いつもご一緒の方からサロン・デュ・ショコラのお土産のチョコレートをいただきました。じゃりっとした食感が面白いチョコレートでした。

2017021303.jpg

ごちそうさまです。

2017/02/13(月) | ワイン | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  »