2018.03.28マチネ「メリー・ポピンズ」 @東急シアター・オーブ

日本初演の「メリー・ポピンズ」観劇。お友達が取ってくれたチケットは前から2列目のセンターでオペラグラス無しで表情の変化まで楽しめる素敵な席でした。

2018032806.jpg

2018032802.jpg
(大きくなります)

予習しないで見たけど全く問題なし。色鮮やかで華やかな舞台でストーリーはちょっとほろりとしてほっこり幸せな気持ちで帰れる素敵な作品でした。メリポピの曲とは知らなかったけど聞いたことある曲が多くて自然に楽しむことができました。帰り道ではスカパリのメロディがぐるぐる回って止まらない!

かっきーはオープニングから大活躍で、フライングというか舞台の枠をぐるりと歩いて逆さまでタップするってどんな神業ですかっ?!すごーい。かっきーの歌と演技とダンスで十分満足しているけど、大貫さんが踊るとこれがどれだけ違うのかもちょっと気になってしまいます。それくらいダンスシーンたっぷり!

めぐさんのメリーも想像を絶する規模のフライングがあって目を見張りました。悲壮な役が似合うめぐさんの明るくチャーミングなメリー役もとっても良かったです。

花代ちゃんも年末のコンサートの時にも思ったけど歌がぐんと上手くなって、芯は強いけど天然な奥様役がはまっていました。

どの役の方もキャラクターが濃くてしっかり嵌っていて楽しい舞台でした。再演があれば小野田くんはバートかも・・・!

カーテンコールは撮影OKでした。マイケル役の加藤憲史郎くんは子供店長時代のお兄さんにそっくり。

2018032804.jpg

バートがやっとメリーにキスできた!良かったね。

2018032803.jpg

2018032807.jpg
more...

2018/03/28(水) | 東宝・その他 | トラックバック(0) | コメント(0)

2018.03.15マチネ「ジキル&ハイド」@東京国際フォーラム・ホールC

2018031503.jpg

ミュージカル「ジキル&ハイド」観劇。

3演目の石丸ジキル。ジキルとハイドとの二役演じ分けに磨きがかかって素晴らしかった!出産後の復帰舞台となった玲奈ちゃんはエマからルーシーへ役替わり。以前から玲奈ちゃんはルーシーが合いそうだと思っていたので嬉しいキャスティング。どん底でのショーのシーン‘連れてきて’では娼婦らしさを出しているのか息継ぎがいちいち色っぽくて(淫らな感じで)なんかやりすぎな気がしたけどクライマックスの‘新たな生活’は希望に溢れてキラキラしてとっても可愛くて良かった!故に切なさ倍増。
宮澤エマちゃん演じるエマ。最初はずいぶん気が強そうなエマだなーと思ったけどだんだん馴染んできたのかラストは素晴らしい包容力で優しく温かく素敵なエマだと思いました。そして何より音程がものすごく正確で歌にストレスがないのが良い。初めて宮澤エマちゃんの舞台を見たけど上手なのね!

ラストの結婚式のシーンがなんか間延びしちゃって・・・もっと衝撃的に終われないものか。初見なら十分衝撃的なのかなー

今回の「ジキル&ハイド」が今までで一番しっくりきて良かったです。
more...

2018/03/16(金) | 東宝・その他 | トラックバック(0) | コメント(0)

2017.12.28マチネ「4Stars」@東京国際フォーラム・ホールC

2017122803.jpg

ずっーと行こうかどうしようか悩んでチケットを取っていなかったけど、城田君が自分の誕生日にお祝いはいらないから「4Stars」を観に来て!って言ってたからこれはもう行くしかない、と思って行ってきましたよ!!

想像を絶する‘世界クオリティ’の素晴らしさ!もう、唖然としちゃうくらいすごかった・・・はぁ~
「オペラ座の怪人25周年記念公演inロンドン」のファントム役のラミン・カリムルーさん、同じくクリスティーヌ役のシエラ・ボーゲスさん、2016年トニー賞ミュージカル主演女優賞を受賞したシンシア・エリヴォさん、そして城田優くんの4人のミュージカルスターによるコンサート。

ホスト役の城田君は英語、フランス語、スペイン語、日本語で歌を歌い、来日キャストをしっかりエスコート。前回(2013年)の4Starsの時になんで日本代表が城田君なの?って思ったけど、イヤイヤ城田君ぴったりです。
そして日本でも大人気のラミンとシエラは日本語の歌にも挑戦してくれて・・・これには大感激でした。
ラミントートと城田ルドルフの‘闇が広がる’日本語Ver.の鳥肌もののすばらしさ、シエラの‘私だけに’日本語Ver.もたどたどしさは若干あったものの日本人の大好きな‘私だけに’という選択といい、ツボをついているー
そしてそして、キャスト変更があって急きょ来日したシンシアさん。「アイーダ」の‘人生の苦しみ’も良かったし、「カラー・パープル」の‘アイムヒア’が凄かった!そこから「チェス」の‘アンセム’の流れが敬虔過ぎて震えた。

来日中のシエラのツイッターとかインスタとかで3人が日本を楽しんでいる様子が伝わってきてキャスト皆が楽しそうなのもすごく良かった。本当に貴重なコンサートを体験できて心が豊かになりました。

また4年後で良いので再演を待っています。
more...

2017/12/28(木) | 東宝・その他 | トラックバック(0) | コメント(0)

2017.12.21マチネ「ザ・ベスト・オブ・ミュージカル・コンサート」@新国立中劇場

2017122102.jpg

劇団四季を退団した樋口麻美ちゃんが久しぶりに大きな舞台に復帰するというコンサートに行ってきました。劇団四季同期の木村花代ちゃんが慣れた感じでちゃきちゃき仕切って、麻美ちゃんは一歩引いて頷いている感じでイメージ逆だったから意外でした。でも二人とも好感!麻美ちゃんは結婚して赤ちゃんを産んだというのに相変わらず細くて・・・歌は一瞬にしてさすがの入り込み方で目力すごくて鳥肌モノでした。歌声は十分上手ではあるんだけど、やはり現役で歌っている他の方と比べてしまうとやはりちょっと物足りなさを感じてしまいました。高音がきつそうでキー下げてたかも。

それにしても花代ちゃんはぐっと歌が上手くなってものすごく魅力的でした。綜馬ファントムと花代クリスティーヌで歌った‘ポイント・オブ・ノー・リターン’のエロいこと!!(最高に褒めてます)

鈴木壮麻さんのスキンブルシャンクスや福井晶一さんのマンカス、タガー!四季ファンだったらもう大喜びなところを突いてくる。さすが!

2017122103.jpg

この日のセットリスト。

「キャッツ」のオープニングの‘ジェリクルソング’で始まり、「ウイキッド」1幕ラストの‘ディファイニンググラビティ’で1幕は終わり、2幕のラストは「コーラスライン」の最後の‘ONE’。そしてカーテンコールは「マンマ・ミーア!」のカーテンコールでした!この憎い選曲!久しぶりにダンシングクィーン踊ってしまったよ!楽しかったー

2017122104.jpg

銀テープ、掴んだよ!

麻美ちゃん、コンサートだけじゃなくてミュージカルの舞台に復帰しないかなぁ。待ってます。

2017/12/21(木) | 東宝・その他 | トラックバック(0) | コメント(0)

2017.12.13マチネ「メンフィス」@新国立中劇場

クリスマスの飾り付けがされた新国立劇場へ。

2017121302.jpg
2017121301.jpg

再演の「メンフィス」観劇。初演は見ていないけどとっても評判が良かったので楽しみでした。演出も山本耕史くんが手掛けているそう。わかり易くて良かったです。2幕の回転舞台は2階席から見るとDJの回すレコードの様なイメージで、踊るヒューイがレコードの針のように見えるそう。今回は1階の前方席だったのでそれはわからなかったけど言われてみるとなるほどーと思いました。印象的なシーンで記憶に残っています。ミュージカル「パレード」のアメリカ南部と北部の対立、「メンフィス」の白人と黒人の対立。ストーリーは違うけど根底を流れるのは同じ問題なのかな、って思いました。捨てられない故郷、自分のルーツ。切なかった・・・。

濱田さんの歌は相当すごくて鳥肌もの。山本くんもこんなに歌えるんだ!と驚き。帰ってからも濱田さんのCDに入ってる「Someday」と「Colored women」を相当リピート。「黒い肌の私が世界の色を変えて見せるわ!」にゾクゾクします。

2017/12/13(水) | 東宝・その他 | トラックバック(0) | コメント(0)

2017.11.23「ビバ!ミュージカル!Ⅳ」@佐倉市民音楽ホール

2017112301.jpg

「ビリー・エリオット」で久しぶりに拝見して素敵だった島田歌穂さんが佐倉でコンサートをするというのを発見して行ってきました。今回は歌穂さんと2015年のアニーだった前田優奈ちゃんがゲスト。私が見た2015年の「アニー」はダブルキャストのもう一人だったけど、なんとなく名前は見覚えがありました。八街出身なんですってー

演奏は千葉交響楽団のフルオーケストラ。ミュージカルだからか、ドラム、ベースにピアノも入っていました。そんなに広くない会場が音楽に包まれて・・・なんて贅沢なんだろうとうっとりと聞きほれてしまいました。指揮は竹本泰蔵さん!サントリーホールの「とっておきアフタヌーン」コンサートや岡幸二郎さんのコンサート(CD)などでも拝見した私的にはすごく有名な方。一部のラスト近くに登場した優奈ちゃんは中学生になって大きくなってちょっとぽっちゃり・・・。ドレスが歩きにくそうで・・・もっと年相応のかわいい恰好だったら良かったのに。トゥモローはさすが安心して聞くことが出来ました。

歌穂さんは第二部からの登場。ドレス姿もうっとりするくらい素敵でした。
歌い始めたら会場がびりびりするくらいの迫力で、圧倒されました。なんかもう存在が異次元。素晴らしく素晴らしかったです。来て良かった・・・。

<セットリスト>
第一部
「オペラ座の怪人」セレクション
「ロミオとジュリエット」より古風な舞曲と愛のテーマ
「美女と野獣」
「パリのアメリカ人」組曲
「トゥモロー」(「アニー」より)前田優奈
「どこまでも~How Far I'll Go~」(「モアナと伝説の海」より)前田優奈

第二部 KAHO ON STAGE
「ショーより素敵な商売はない~すてきだと人は言う」(「アニーよ銃をとれ」より)
「星に願いを」(「ピノキオ」より)
「You Raise Me Up」
「サウンド・オブ・ミュージック」メドレー
「Memory」(「キャッツ」より)
「On My Own」(「レ・ミゼラブル」より)

アンコール
「輝く未来」(「塔の上のラプンツェル」より) 島田歌穂&前田優奈

あっという間に終わってしまったー次の開催もきっと行きたい。

2017/11/23(木) | 東宝・その他 | トラックバック(0) | コメント(0)

2017.11.09マチネ「ダディ・ロング・レッグズ」

2017110903.jpg

3演め(再々演)の「ダディ・ロング・レッグズ~足ながおじさんより~」を初めて観に行ってきました。とっても評判が良くて気になっていたから今回やっと観に行けて嬉しかった。それにしても井上芳雄くんと坂本真綾ちゃんの2人芝居という事でどうやって物語が展開するのかさっぱり想像できなかったけど、百聞は一見に如かず。この舞台を見る事が出来て本当に良かった。素晴らしかった。

声優でもある真綾ちゃんがいくつも声音を使い分けて色々な人を演じつつ・・・基本はジルーシャとしてそこにいて。ダディ(ジャーヴィス)役の井上くんもスタイル抜群だから足が長い紳士の設定がぴったり!この2人だからできる作品だと思うのでどちらかのキャストが変わってしまったら全く違ってしまうのだろうな、と思う。この2人で観れて本当に良かった。悲しい出来事なんて起こらないのになぜか泣けてくるというきゅんと切ない物語もすごく好き。舞台転換も基本全くないのにその場面がくるくる変わるのが想像できるのも本当にすごい。クリエなのに価格も抑えめなのもちょっと嬉しい。(笑)

2017110902.jpg

がっつりカメラが入っていました。DVD用かなー
more...

2017/11/09(木) | 東宝・その他 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  »