FC2ブログ

2019.03.03ソワレ「ロミオ&ジュリエット」@国際フォーラムホールC

「パリのアメリカ人」終演後、大急ぎで有楽町へ移動。ソワレはミュージカル「ロミオ&ジュリエット」の観劇。やっぱり好きな作品!

2019030303.jpg

古川ロミオと生田ジュリエットで。(後は知らない人ばかりー)

2019030304.jpg


回を重ねるごとに出演者の雰囲気が変わってきている。ちょっと違和感もある。
でも、「パリのアメリカ人」とはまた違った意味でダンスがすごくて若々しくパワフル。一緒に‘世界の王’を踊りたい!大貫さんの‘死’は滞空時間が長くて本当に浮いた状態でそこにいるみたい。

冒頭の実際の戦争シーンの映像はいらないと思うよ。

最近何を観に行っても出てくる生田絵梨花ちゃん。今回は生田さんの東京千秋楽に当たってカテコで挨拶がありました。1月に観た「グレート・コメット」は生田さんの誕生日だったし・・・まるで追っかけのような私。(偶然です)

次の再演ではどんなキャスティングが来るのか、今から楽しみ。

初演の城田君版のCDを買わなかった事が今になって激しく後悔ーどこかに売ってないかなぁ。。。
2019年版はDVD発売・・・だと?!
more...

2019/03/04(月) | 東宝・その他 | トラックバック(0) | コメント(0)

2019.01.22「ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812」@東京芸術劇場プレイハウス

2019012201.jpg

新作ミュージカル「ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ1812」を観に行きました。
すごい格好良くて斬新な舞台!!開演前から客席にキャストさんが回って色々絡んでくれて作品世界に誘ってくれる。ピロシキとかエッグシェーカーとか運が良ければ貰えるの!(何ももらえなかったけど。)コメットシートと呼ばれるステージシートは舞台の中にはまり込んでいる形でドリンクを飲みながら観劇できるし、キャストもいっぱい絡んでくる。純粋に舞台を楽しめるかは怪しいけど、物語の一部になれる可能性はある。面白い作りの舞台だった。

この日、一幕の途中で火災報知器が誤作動して舞台がストップ。不協和音の曲が流れるオペラのシーンだったからわざとなんだ、演出なんだ、と思っていました。やり直しが数回有って、イケメン登場!のシーンだったから小西くんが3回もポージングして登場。小西くんだから許せる!(むしろ得した感。)

原作はトルストイの「戦争と平和」のごく一部部分を切り取ったもの。はっきり言って内容は・・・でした。これどうやって収束させるの?と思いながら観ていたけど、納得のいく結末ではなかったかな~(私の理解力不足・・・)

プリンス、ヒーロー系の井上くんを期待していたらがっかりするかもしれないけど、こういう冴えない役も合ってるし、幅が広がってとっても良かった。

ちょっと苦手な部類の生田絵梨花ちゃんだけど、この作品ではほとんど出ずっぱりの歌いっぱなしで、キャラも合ってたし、歌も良くて見直した。ドレスも可愛い。たまたまこの日は生田さんのお誕生日でカテコでは皆でハッピーバースデーを歌ってお祝いしました。なるほど、男性客が多いわけだ。

最初から最後まで舞台と客席に一体感があってとっても楽しい劇場体験でした。
more...

2019/01/22(火) | 東宝・その他 | トラックバック(0) | コメント(0)

2019.01.07マチネ「スリル・ミー」@シアター・ウエスト

2019年の観劇は「スリル・ミー」の柿澤・松下チームでスタート!

2019010703.jpg
2019010704.jpg

なんか、安心する、このペア。

福士‘彼’がやっていた煙草の煙ぷはーとか契約書ぱしっ、とかかっきー‘彼’はどうしているのかなと思って見ていたらかっきーもやっていた。でも印象はちょっと違った。その代わり、かっきーが契約書のところと後半でももう一回どこだったか(スポーツカーのとこかな?)で・・・指パッチンをしていて、それが印象的でした。同じ事をしていても見せ方が違うのね。面白いなー

このシアターウエストの感じ、「スリル・ミー」に合ってる。客席も使って一体感があって好き。今日はど真ん中正面の席ですごく良く見れた。新年早々嬉しいな。

2019010702.jpg
かっきー次回作は「海辺のカフカ」。

2019/01/07(月) | 東宝・その他 | トラックバック(0) | コメント(0)

2018.12.17マチネ「スリル・ミー」@シアターウエスト

数年ぶりの再演、「スリル・ミー」
今回は池袋の東京芸術劇場シアター・ウエスト!松下・私×柿澤・彼のカップル復活!成河・私・福士誠治・彼のニューカップル誕生!!とびっくりするやら嬉しいやらでわくわくの再演となりました。激戦のチケットをなんとかゲットし、まずは成河・福士チームを観劇しました。

2018121704.jpg
2018121703.jpg

このチームを最初に見たのは失敗だったかもしれません。

なんか・・・濃い!ものすごく濃い!!

成河さんが変幻自在なのは今に始まった事じゃないけど、19才と53才をパキッと変えてきてマジ神!もう緊張感が半端なくてひりひりぴりぴりして怖かったー(それが気持ちいい。)

福士君の‘彼’も所作がいちいちカッコイイ。煙草の煙をプハーって吹きかけるところとか、契約書を指でパシッとはじくところとか。すごいコンプレックスの塊になっているところはなんか切なくなるような彼でした。

なんで今まで居なかったの、この二人!と思うような組み合わせでした。

でも、オーバースペックというか、やりすぎ感を若干感じました。好きだけどね、お芝居だし。でも、そういう意味で苦手と言う人がいるかもしれないし、松下・柿澤ペアはスタンダードで安心して観れるような気がする。1月に確認するのも楽しみだー!!
more...

2018/12/17(月) | 東宝・その他 | トラックバック(0) | コメント(0)

2018.12.04マチネ「レベッカ」@シアター1010

2018120403.jpg

初見のミュージカル「レベッカ」観劇。
プレビュー公演という事で北千住のシアター1010という劇場へ初めて行きました。駅直結で便利、便利。

2018120402.jpg

あれ?吉野さん休演って聞いてたけど、いるし。
公式のお知らせも消えてるし・・・何だったのだろう?とりあえず、お元気そうだったから良いか。

初見だし、オリジナルキャストの大塚千弘ちゃんわたし、で。
山口祐一郎さん、若作りー!久しぶりの保坂さん、良かったー(シルビアさんも観たかったな)

内容としては面白かったけど、あまり耳に残る曲も無かったし、ラストの衝撃は初めてが一番だと思うし、オチもわかっちゃうとヒリヒリするような怖さが消えちゃうし・・・1度見たら満足しました。
more...

2018/12/04(火) | 東宝・その他 | トラックバック(0) | コメント(0)

2018.11.29「井上芳雄 by MYSELF」スペシャルライブのライブビューイング

2018112903.jpg

10月に続いて2回目の「井上芳雄 by MYSELF」スペシャルライブのライブ・ビューイングへ。今回のゲストの1人、ジャングルポケットの斉藤慎二さんの出身地という事で千葉県八千代市のTOHOシネマズでの開催。初めて八千代緑が丘へ降り立ちました。

前回大幅に延長してしまった為、今回は巻きで進行しているのがヒシヒシと感じられました。しかも今回はゲストが3人・・・時間は押す予感しかない。その為かピアニストの大貫さんとはほとんどしゃべっていなかった印象。

ゲスト1人目のサカケンさん。2幕でライオンキングの「ハクナマタタ」を歌ったのだけど実はライオンキングネタばかりでやっていると思われるのが嫌であまりやりたくないのだそう。でも井上くんが坂元さんに「心配ないさー」を言わせたくてなんとかOKをもらうために色んな企画を考えて、今回はジャングルポケットの斉藤さんとのコントと絡めるという手段を使ったそう。コンサートでコント!斬新!!その他にも坂元さんの四季オーディションの話とか面白かった。
ゲスト2人目は濱田めぐみさん。実は同郷なのよね。濱田さんのエリザベートはどこまでも強そうで誰とも違うシシィだと思いました。そして斉藤さん!!はっきり言って全く期待していなかったのです。むしろ何で出てくるの?位思っていました。(だから最初10月のライブだけフォーラムに行くつもりだった)でもでも、すごく良かったのです。芸人だからトークは面白いし、それでいて出しゃばらず常に井上くんを立てて、自分に関しては控えめで。なのにいざ歌ってみるとすっごく上手!という。完璧に役割を全うした素晴らしいゲストだったと思う。良かったよ、斉藤さん!!

Thank you for the musicの際、客席下りで歌う井上くん・・・なぜか笑ってしまって歌が詰まるという(ダメじゃん)。そこには猫耳と猫手をつけた万里生くんと夢咲ねねちゃんがいたからだったのですねー10月のコンサートで爆笑をさらった万里生猫のグッズですよ。万里生くんに猫耳、猫手、しっぽまで着けられて。可愛かったですよ、しっぽ。万里生くんが来てたならやっぱり現地に行きたかったなーと思ってしまった。今回はアンコールまで辿り着かず22時できっちり終了。あー残念。フォーラムではさらに3曲位あったみたいだし。来年はやはり現地かな~

今回も楽しいライブでした。

<セットリスト>
01.Jumpin’up by MYSELF(番組テーマ:オリジナル曲)
02.人生は夢だらけ(椎名林檎)
03.Waving Through a Window(「ディア・エヴァン・ハンセン」)
04.瞳がほほえむから(今井美樹)
05.雪の華(中島美嘉)
06.蕾(コブクロ)→奏(スキマスイッチ)
07.愛しかないとき(クミコ)
08.わせねでや(桂島“うた”プロジェクト)
09.幸せのピース 

<2幕>
01.闇が広がる (「エリザベート」)
02.私が踊る時(「エリザベート」)
03.ハクナマタタ(「ライオンキング」)
04.愛を感じて(「ライオンキング」)
05.A Change in Me(「美女と野獣」)
06.ひそかな夢(映画「美女と野獣」)
07.ミュージカル「ナイツ・テイルー騎士物語ー」メドレー
08.ひとかけらの勇気(「スカーレット・ピンパーネル」)
09.彼らの心は天国に(「ジーザス・クライスト=スーパースター」)
10.対決 (「レ・ミゼラブル」)
11.Thank You for the Music(「マンマ・ミーア!」)
12.君の瞳に恋してる( Can't Take My Eyes Off You)(「ジャージー・ボーイズ」)
more...

2018/11/29(木) | 東宝・その他 | トラックバック(0) | コメント(0)

2018.11.06ソワレ「マリー・アントワネット」

初見のミュージカル「マリー・アントワネット」観劇。

2018110604.jpg

久しぶりの再演で、以前のバージョンは観ていないので今更井上くんがオリジナルフェルセンだったと知り驚いたり。今回は新演出版。

2018110603.jpg

前回までマルグリット役だった玲奈ちゃんが今回からタイトルロールのマリー・アントワネット役に。ちょっと観たかったけどやはりマリー・アントワネットと言えば花總まりさん。素晴らしく上品でくったくのないマリーでした。不幸に落ちてもきりっとして素敵でした。そしてフェルセンには田代万里生くん。ひー!貴族感半端ないっ。高貴過ぎてクラクラしました。エリザベートのフランツ役より合ってる。今までの万里生くんの役の中で一番好きでした。古川くんのフェルセンにも後ろ髪をひかれていたけど、万里生フェルセンに大満足しちゃいました。マルグリットはソニンちゃん。遠藤周作さんの原作に出てくるマルグリットとは全然違うキャラでした。力強い女戦士になってた。原作のマルグリットの方が好きだけど、これはこれで有り!吉原さんのオルレアン公も威圧的で良かった。身体も大きくて圧があるから山口祐一郎さんのやっていた役などが合うような気がする。

3時間にフランス革命をぎゅっと詰め込んだミュージカルでした。
more...

2018/11/06(火) | 東宝・その他 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  »