美女と野獣(プレミアム吹替え版)

2017042101.jpg

地元の映画館に全席ペアシートの映画館‘フタリウム’がオープン。オープン記念の上映作品が「美女と野獣」だったので早速鑑賞してきました。前日の飲みすぎのせいか、軽い風邪をひいたか・・・ちょっと体調が思わしくなかったのだけど、予定を変えるほどでもないかと出かけてしまいました。

映画は馴染みのあるストーリーと音楽。舞台より様々な場面が映像で補完されていて美しくてとても良かったです。設定が若干変わっているところもあって、野獣(王子さま)が知的だったり、ルフウがゲイの設定だったりってのはどうなのかなー。良いような・・・悪いような。気になるような・・・気にならないような。(どっちだ!)

吹替え版で見たのでその声にもわぁーっと盛り上がりました。タンス夫人役の濱田めぐみさんの歌のシーンで始まり、最後は岩崎宏美さんと濱田さんのデュエットの「美女と野獣」で満足できました。いっくんの声は全然いつもと違って(エフェクトをかけて低くしているらしい)、逆にだからこそその声の存在が悪目立ちすることなく良かったと思う。プレミアム吹替え版は本当にプレミアムな配役で楽しかった~

ところがエンドロールの辺りでどうにもこうにも気持ち悪くなり、途中で席を立とうかと思う位だったけどなんとか最後まで持ちこたえ・・・(集中力途絶えてる。)、ランチを食べに行く予定だったけどそれは止め帰宅することに。がっくり。午後は家で寝て過ごしました。

2017/04/21(金) | 映画・DVD・CD | トラックバック(0) | コメント(0)

モアナと伝説の海

moana.jpg

公開早々に観に行ってきました!「モアナと伝説の海」
字幕版で観たかったけど近くでやっていなくて吹替版で観ました。モアナは新人の屋比久知奈ちゃん。(モアナに似てるー)東宝のミュージカルのど自慢(なんだそりゃ、と思っていた企画)で優勝した子で、さっそくの活躍!!わぁー。マウイ役は尾上松也さん。怖い役なのかと思っていたけど良い人だった。

ストーリーはいたって単純な貴種流離譚で一寸法師とか桃太郎と一緒の系譜だと思うけど、主役が女の子というところが今風なのでしょう。亡くなったおばあちゃんがエイになってモアナのそばにいるのが素敵でした。海が擬人化されてるのも可愛いくて面白い。

エンドロール最後のリトルマーメードネタにも爆笑。

2017/03/12(日) | 映画・DVD・CD | トラックバック(0) | コメント(0)

LA LA LAND

lalaland.jpg

2月中に観に行きたかったけど、若干遅れて鑑賞。(アカデミー賞発表前に観たかった・・・)

冒頭の長回しのシーンが圧巻で最初から心鷲摑み。思わず拍手しそうでした。
色んなミュージカル映画のオマージュが散りばめられているという事で、私には「ウエスト・サイド・ストーリー」位しかわからなかったけど、わかる人が見たらまた違った楽しみもありそう。衣装がどれもカラフルで可愛くて、ミア役のエマ・ストーンが美人女優さんなのにくるくる表情が変わって変顔がキュートで最高でした。「セッション」の監督だからハッピーエンドのわけはないと思っていたけど、最後は切なくてきゅんとしました。夢に向かうヒリヒリするような感覚がリアルでビターな作品。ウエストエンドで舞台化されるんですって?!ほぅ・・・!

それにしてもプリウスってすごいのね。これじゃあ貿易摩擦にもなるわねー

2017/03/01(水) | 映画・DVD・CD | トラックバック(0) | コメント(0)

ブルゴーニュで会いましょう

premierscrus.jpg

11月に公開された映画「ブルゴーニュで会いましょう」を遅ればせながら観てきました。フランスの美しい葡萄畑の風景はうっとりするほど。内容は家族の再生の物語。私もついつい父とはぶつかってしまうのでよくわかる。借金のかたに売り出された畑を買いたい企業としていまだに‘日本の銀行’が出てきて、日本人に買われるなんて耐えられない!という描写はなんだか残念でした・・・。そしてフランスの恋愛はちょっとよくわからない。

映画の後はエノテカに寄って‘アロース・コルトン’チェックしてきました。(買ってない)
ブルゴーニュの復習をしなくては。

2017/01/10(火) | 映画・DVD・CD | トラックバック(0) | コメント(0)

この世界の片隅に

thisworld2.jpg

映画「この世界の片隅に」の評判を聞いて地元の映画館で上映されていたこともあり、観に行ってきました。

衝撃的でした・・・。

ストーリーは予習しなかったので中盤以降の転換は私の想像を超えた。
のんちゃんこと、能年玲奈ちゃんが主人公のすずの声をやっているんだけどやっぱり個性が生きていていてすごく合っていた。これを機に活躍できるようになると良いんだけど・・・。

今話題の「君の名は」はものすごく評判がいいけど、いまいち私の中には響かなかった。なんというか全体的にファンタジーだと思ったから。それに対してこの映画はリアル。ものすごくリアル。
絶対に忘れてはいけない現実にあった世界を描いていて心がぎゅっとなる。これこそ語り継がなければいけない作品。

絵をかくことが好きなすずの右手が・・・
ラストに右手でバイバイしていた、というのを見落としてしまうという失態。DVDが出たら必ず確認する!

兵隊さんになった同級生の水原くんが訪ねてきた時の夫、周作の言動・・・。

子供の頃の周作との出会い、遊女りんとの出会いがちょっとファンタジーっぽいけどこれは受け入れられますっ。

しみじみ良い作品でした。

2016/12/07(水) | 映画・DVD・CD | トラックバック(0) | コメント(0)

デスノート Light up the New World

deathnote01.jpg

公開されたばかりの映画「デスノート」をさっそく観に行ってきました。

面白かった~!!

前作とは監督さんも違うのにちゃんと世界観が繋がっていて、重要な役者さんが継続して出演していることもすごく良かった。映画にしてはちょっと長いかなと思っていたけど引き込まれてあっという間でした。菅田くんと池松くんが好きで観ようと思ったけど大満足。(菅田くんスタイルいいねぇ。)エンディングの最後の最後にライトが出てきてあの一言。ぞぞぞーとしました。

6冊もあるデスノート・・・この物語は永遠に続いちゃうね。私にも1冊・・・否なに・・・。

2016/10/30(日) | 映画・DVD・CD | トラックバック(0) | コメント(0)

君の名は。

kiminonaha.jpg

とっても評判が良いので気になって観に行きました。最初は乗り気でなかっただんなさんも映画が終わったら目がうるうるしていました。私は・・・。

エピソードや伏線は上手いなと思ったけど何せファンタジー。私馬鹿だからこの3年の時間軸のずれ(ネタバレ)がうまく消化できない・・・

2016/09/29(木) | 映画・DVD・CD | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  »