2017.05.06ソワレ「春のめざめ」@KAAT大スタジオ

ソワレは志尊淳くん(実は意外と好き)主演の「春のめざめ」。劇団四季ではミュージカル版を上演していた原作のストーレートプレイ版。劇場は「オペラ座の怪人」の隣。これは行くしかないでしょー!!

大スタジオは体育館みたいな空間にパイプ椅子を並べたような作りで、ステージと近い、近い。着席して開演を待っているとあちこちの席にキャストと思しき人が黙って座っている。ちょっとミュージカル版のステージシートを思い出した。話の展開はミュージカルとほぼ一緒でベンドラと女の子の疑問戸惑いのシーンから始まって、男子の抑圧に対する反抗のようなシーン(ミュージカルでは‘Mama Who Bore Me’~‘The Bitch Of Living’辺り)までイメージが一緒かなと思って見ていました。

かなり生々しい舞台で、皆さん文字通り体当たりで演じていて・・・すごい!そのパワーを受け止めたいと思ったけど、話の内容は難しかったー。ミュージカル版はかなりロマンチックに脚色されているんだと改めて気が付きました。
モリッツの自殺は血まみれで相当気持ち悪いし、ベンドラとメルヒオールの関係には全く愛を感じない。最後は原作通りだったけどメルヒオールはモリッツの幽霊を切り捨て、生きる道を選ぶ。ドライな印象を持ちました。

久しぶりの「春のめざめ」だったので「そうそう、こんな話だった・・・」と思い出したらミュージカル版がどんどん溢れてきてYouTubeで過去の映像を検索しまくって再び春めざロスになってしまいました。

今回の舞台も評判良いみたいでチケットも完売しているそう。観ておいて良かった。

2017/05/08(月) | 東宝・その他 | トラックバック(0) | コメント(0)

2017.05.06マチネ「オペラ座の怪人」@KAATホール

今回の横浜は「オペラ座の怪人」と「春のめざめ」のマチソワ観劇がメインでした。

2017050604.jpg

まずはマチネで久しぶりの「オペラ座の怪人」観劇。初めての神奈川芸術劇場(KAAT)へ行ってきました。この劇場、とっても雰囲気が良くてサイド席だったけど意外と観やすくて、生オケで音もよく響いてすごく良かったです。横浜、遠いなーと思っていたけどまた行きたい!と思う劇場でした。

2017050603.jpg

高井ファントムの声もよく響いて(滑舌が悪いのもデフォでしたが。)と、山本クリス(初見)はファントムへの気持ちがすごく伝わってきました。ラストの地下室でファントムを抱きしめる時、すごくぎゅううーっとしていて切なかった。上品で芯の強そうなクリスで良かったです。初見の光田ラウルだけはちょっと残念でした・・・が、個人的な思い入れが無い分ファントムとクリスに集中できて良かったかも。今回の横浜公演から演出が変わった部分が沢山あって、否定的な意見が多そうな墓場の三重唱、私はアリかな、と。場に重厚感が出たしラウルの声が加わってもなお疎外感を感じるラウルが一層切なくて。でも‘墓場にて’の最後を2回繰り返すのはいらないかなぁ・・・。

唯一の男性ダンサー枠の松永さんのダンスがすごーくきれいで釘付けでした。特に鞭男の上半身のたくましさと軽やかさのギャップと、マスカレードの男女のマントの翻しに釘付けでした。

大満足の「オペラ座の怪人」でした。

2017/05/07(日) | 四季-レポ | トラックバック(0) | コメント(0)

美女と野獣(プレミアム吹替え版)

2017042101.jpg

地元の映画館に全席ペアシートの映画館‘フタリウム’がオープン。オープン記念の上映作品が「美女と野獣」だったので早速鑑賞してきました。前日の飲みすぎのせいか、軽い風邪をひいたか・・・ちょっと体調が思わしくなかったのだけど、予定を変えるほどでもないかと出かけてしまいました。

映画は馴染みのあるストーリーと音楽。舞台より様々な場面が映像で補完されていて美しくてとても良かったです。設定が若干変わっているところもあって、野獣(王子さま)が知的だったり、ルフウがゲイの設定だったりってのはどうなのかなー。良いような・・・悪いような。気になるような・・・気にならないような。(どっちだ!)

吹替え版で見たのでその声にもわぁーっと盛り上がりました。タンス夫人役の濱田めぐみさんの歌のシーンで始まり、最後は岩崎宏美さんと濱田さんのデュエットの「美女と野獣」で満足できました。いっくんの声は全然いつもと違って(エフェクトをかけて低くしているらしい)、逆にだからこそその声の存在が悪目立ちすることなく良かったと思う。プレミアム吹替え版は本当にプレミアムな配役で楽しかった~

ところがエンドロールの辺りでどうにもこうにも気持ち悪くなり、途中で席を立とうかと思う位だったけどなんとか最後まで持ちこたえ・・・(集中力途絶えてる。)、ランチを食べに行く予定だったけどそれは止め帰宅することに。がっくり。午後は家で寝て過ごしました。

2017/04/21(金) | 映画・DVD・CD | トラックバック(0) | コメント(0)

2017.03.29マチネ「キューティー・ブロンド」

2017032901.jpg

日本初演の「キューティー・ブロンド」を観劇。全公演+追加公演も完売というすごい人気!沙也加ちゃん効果?!実際沙也加ちゃんがいなくちゃ成り立たない舞台だった。最近暗い舞台の観劇が続いていたからパッ―と明るくて楽しい舞台で笑った笑ったー!!
1幕終わって幕間に友達と花代ちゃんがもったいないね、と話していたけど2幕が始まってすぐにぶったまげた。花代ブルック超~カッコ良かった!!沙也加エルのライバル、新田ヴィヴィアンだけ・・・ちょっとイメージと違ったかな。(新田さん、知らないコなのよね~)

2017032905.jpg

終演後はトークショーもあって、女子トーク楽しかった。振られたら花代ちゃんは一晩泣いて次へ行く!とオトコマエ。(ヤッパリネ!)佐藤エメットがダサいと皆にボロクソ言われていてかわいそうだったよ(笑)。開演前の気合い入れ「デルタヌウおっぱい」の実演も見せてくれてホント、最初から最後まで楽しかった。すごくリフレッシュできました~
more...

2017/03/29(水) | 東宝・その他 | トラックバック(0) | コメント(0)

モアナと伝説の海

moana.jpg

公開早々に観に行ってきました!「モアナと伝説の海」
字幕版で観たかったけど近くでやっていなくて吹替版で観ました。モアナは新人の屋比久知奈ちゃん。(モアナに似てるー)東宝のミュージカルのど自慢(なんだそりゃ、と思っていた企画)で優勝した子で、さっそくの活躍!!わぁー。マウイ役は尾上松也さん。怖い役なのかと思っていたけど良い人だった。

ストーリーはいたって単純な貴種流離譚で一寸法師とか桃太郎と一緒の系譜だと思うけど、主役が女の子というところが今風なのでしょう。亡くなったおばあちゃんがエイになってモアナのそばにいるのが素敵でした。海が擬人化されてるのも可愛いくて面白い。

エンドロール最後のリトルマーメードネタにも爆笑。

2017/03/12(日) | 映画・DVD・CD | トラックバック(0) | コメント(0)

LA LA LAND

lalaland.jpg

2月中に観に行きたかったけど、若干遅れて鑑賞。(アカデミー賞発表前に観たかった・・・)

冒頭の長回しのシーンが圧巻で最初から心鷲摑み。思わず拍手しそうでした。
色んなミュージカル映画のオマージュが散りばめられているという事で、私には「ウエスト・サイド・ストーリー」位しかわからなかったけど、わかる人が見たらまた違った楽しみもありそう。衣装がどれもカラフルで可愛くて、ミア役のエマ・ストーンが美人女優さんなのにくるくる表情が変わって変顔がキュートで最高でした。「セッション」の監督だからハッピーエンドのわけはないと思っていたけど、最後は切なくてきゅんとしました。夢に向かうヒリヒリするような感覚がリアルでビターな作品。ウエストエンドで舞台化されるんですって?!ほぅ・・・!

それにしてもプリウスってすごいのね。これじゃあ貿易摩擦にもなるわねー

2017/03/01(水) | 映画・DVD・CD | トラックバック(0) | コメント(0)

2017.02.01マチネ「ロミオ&ジュリエット」

2017020108.jpg

東京ドームから移動して午後はミュージカル「ロミオ&ジュリエット」観劇。

今回は新キャスト、新演出という事で期待大!

2017020109.jpg

衣装も変わってました。前回のアニマルチックなのもどうかと思うけど・・・今回はちょっと地味だなー。(特にモンタギュー側)。ママズのドレスが現代的なのも寂しい。スマホとかの演出もさらに上をいく感じで。あららら・・・。

キャストは新人の登竜門のようになっているんですかね?
がらっと変わって私の知らない人ばかり。今回は古川ロミオ(前回公演からの継続キャストだけど初見)と新人の木下晴香ジュリエットを。美しいロミオと初々しいジュリエットでとっても良かったです。アイドルはちょっと・・・とパスした乃木坂46の生田絵梨花さんも超絶かわいいと評判が良いのでちょっと見てみたかった。この日のソワレを突発しようかと思ったけど立ち見完売で当日券も並んでいたので断念。

オープニングのモンタギューとキャピュレットの諍いシーンのダンスは「ウェストサイド物語」へのオマージュか?と思わせる振付で引き込まれました。死(大貫さん)の存在もすごく効果的でその存在感に気持ちがざわざわっとなりました。「ジーザス・クライスト・スーパースター」みたいな物語のラストは死と再生の象徴って事かしら?泣けたわー。その上、ロミオとジュリエットの死の前で神父様の嘆きはそのまま神の沈黙を問うもので、映画「沈黙」(遠藤周作著作)を想ったり。

岡ジュリエットパパの髪型がものすごいことになっていて、それが似合っちゃうから岡さん、さすがだわー
広瀬ティボルトの色気がダダ漏れであの目に殺されそう・・・。役のイメージにぴったりでした!
キャピュレット夫人は涼風さんが最強だったから香寿さんだと上品すぎちゃって・・・モンタギュー夫人の方が良かったのでは。シルビアさんの乳母も・・・未来さんの方がしっくり。シルビアさんがキャピュレット夫人でも良かったかも!川久保パリスもいまいち面白くなかったなー

この日は平間マキューシオのお誕生日でカテコでみんなでお祝いしました。

同日観劇していた前ジュリエットの莉奈ちゃんのブログを読んでちょっとじーんとしちゃった。莉奈ちゃんにとってのロミジュリってそういう作品だよね。
more...

2017/02/02(木) | 東宝・その他 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  »