スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

LIKE LIKE KITCHEN お料理教室12

4月の家庭料理のレッスンは直前でのキャンセルとなってしまい(ご迷惑をおかけしました)、今回は絶対に参加したかったライクライクキッチンのレッスン。久しぶりに会うお友達も一緒だったのでとっても楽しかったー!

メニューは紀代美さんが旅行に行って沢山食べて研究した台湾料理をベースにしたもので、知ってるけど作った事ない!っていうお料理の数々でした。いつも品数多くてすごいなーと思っていたけど、お友達が来た時におもてなしする品数を意識しているそうで、ありがたい事です。

魯肉飯(ル―ローハン)
シェントウジャン(台湾風豆乳スープ)
豚肉とセロリの水餃子ディル風味
海老といかとスナップエンドウの花山椒ソース和え
台湾風トマトとたまご炒め
豆苗とピーマン、湯葉のサラダ

2018052401.jpg
2018052402.jpg
2018052403.jpg

デザートは一口マンゴーアイス(レシピなし)

2018052404.jpg

レッスン終了後も居残っておしゃべり。お土産に持ってきてくれた初物の桃をお相伴。おいしー

2018052405.jpg

毎回、紀代美さんのお料理はスパイスが上手に使われていて、紀代美さんはスパイス使いの天才だと思う。
スポンサーサイト

2018/05/24(木) | お稽古 | トラックバック(0) | コメント(0)

究極のケーク・シトロンレッスン

パティシーエル・ユカさんのケーキレッスンへ参加してきました。お取り寄せでいただいたケーク・シトロンが衝撃的な美味しさでぜひ習ってみたいと思っていたのです。

2018032403.jpg

到着してすぐ、レッスンの前に午前の部の方と一緒に試食タイム。
午前のクラスのメニュー‘マダム・ジャスミン’とおまけの‘ケーク・ジャポン’も試食させていただきました。

2018032404.jpg
2018032401.jpg

‘ケーク・シトロン’のレッスンは手に入りやすい普通に売っている材料で、無駄の出ない分量で、作り方もいたって簡単でした。それでこの美味しさが出るなんて!!やはり衝撃。

2018032402.jpg

さっそく復習しなくては!

2018/03/24(土) | お稽古 | トラックバック(0) | コメント(0)

Baking Studio Grano Di Ciaco

幸運にもキャンセル席に入れていただいたパン教室へ。

Staubで焼く高加水赤ワインのパン・ド・カンパーニュと春の訪れ(よもぎあんぱん)の2種のレッスン。

2018031401.jpg

赤ワインのパン・ド・カンパーニュは3種のタルティーヌに。

グリーンオリーブのタプナード+パルミジャーノ+フレッシュマッシュルームスライス+パルミジャーノ
2018031403.jpg

クリームチーズ+ラム酒漬けドライフルーツ+枝付きレーズン
2018031404.jpg

カマンベール+杏ジャム+カカオニブ+フレッシュぶどう
2018031405.jpg

ワインパンに3種類のチーズを合わせたもの。1番好きだったのはカマンベールに杏ジャム。カカオニブの苦みと食感がアクセントになってすごく大人っぽい味になっていました。

2018031402.jpg

お料理はサーモンのソテーにレモンバターソースを添えて。付け合わせにマッシュポテトと人参のムース、赤ワインマスタードとワイン塩を添えて赤ワインパンとリンクさせているという演出。すーてーきー!!お料理も簡単で美味しかった。パンを作るだけでなく、さらに1歩踏み込んだお料理やテーブルのアイデアまで教えていただけるところがこの教室の素敵なところ。

デザートとして春の訪れ(よもぎあんぱん)とコーヒー。

2018031406.jpg

粉の配合でモチモチの食感になるという奥深さ!

とても楽しく勉強になるレッスンでした。おうちでパン、焼けるようになるかなー

2018/03/14(水) | お稽古 | トラックバック(0) | コメント(0)

月曜お昼のワインレッスン 3/2018

2018030502.jpg

3月のワインレッスンのテーマは各地の‘シュナン・ブラン’でした。
フランスのロワール、ニュージーランド、南アフリカの飲み比べ。辛口のシュナン・ブランは甘い香りとしっかりした酸味がとっても好みの品種ですが、同じシュナン・ブランでも各地で味わいは違ってフランスのシュナン・ブランが1番好みでした。
が・・・しかし、1番酸味があったフランス産も時間が経つと酸味が消えて甘味が際立ってくる。冷え冷えで飲みたい感じ。ワインに合わせたのはマッシュルームの食感が残るクリームスープ。甘酸っぱい感じが私が好きでよく作るアプリコットとクリームチーズのタルトにも絶対合うと思う!

これこれ↓
IMGP2532.jpg

2018/03/05(月) | ワイン | トラックバック(0) | コメント(0)

月曜お昼のワインレッスン 2/2018

2月のワインレッスン。

2018021901.jpg

イタリア、ピエモンテ州のバルベーラ・ダルバとドルチェット・ダルバを試飲しました。バローロと同じ産地でその生産者が手掛けている事が多く、味わいも安定している場合が多いそう。
黒ブドウのバルベーラは酸味、ドルチェットは渋みが特徴の品種で対照的な味わい。バルベーラはちょっとピノ・ノワールっぽい。ドルチェットは甘そうな名前だけど甘くない!

同じような色合いに見えたけどじっーと見ていると全然違う事がわかってくる。

2018021902.jpg

レッスン後のランチはエビとアサリのトマトソースパスタ。本当は違うのを頼んだけど手違いでこれになってしまった・・・。これも美味しかったけど、新しいサービスの人はちょっといただけない。

2018/02/19(月) | ワイン | トラックバック(0) | コメント(0)

2018年 初釜

今年も初釜にIさんのお宅へ。

着物は何を着ようかな~と箪笥を開けて目についた赤い紅型の着物を出しました。10代の頃に着ていたもの・・・大丈夫か?!私。

2018020401.jpg

帯は黒の地味めな名古屋帯にしてみたけど・・・とりあえず30年前の着物を今でも着れる和服ってすごいなぁ、と思う次第。お洗濯とか準備や片づけがどうにも面倒くさいのがね。

2018020402.jpg

今年は久しぶりにお薄のお点前をしました。身体が覚えてるって、ちょっと嬉しい。
末広棚にお茶入れは老松、最後に烏帽子を飾りました。

今年はお弁当をとったのでお料理は簡単に。私は金柑を煮て持っていきました。
楽しい1日でした。

2018/02/04(日) | お稽古 | トラックバック(0) | コメント(0)

月曜お昼のワインレッスン 1/2018

今年最初のワインレッスンへ。

今回は基本に戻って「シャルドネ」をテイスティングしました。

2018012901.jpg

メゾン・ロッシュ・ド・ペレーヌのコレクション・ベレナム(AOCブルゴーニュ)から熟成も感じられる2005年と2008年。2005年の方がいかにもシャルドネって感じのナッツやトーストの印象があり、2008年の方が酸化熟成が感じられてシェリーの様な風味がありました。ニコラ・ポルテ氏が買い付けたワインを熟成させてリリースしたワインなので当然味わいという点では違いが出るのかも。
私は2008年の方が断然好きでした。はちみつのような甘さとしっかり残った酸味がすごく好み。温度が上がるとシェリーっぽさをより強く感じるので、冷たくして飲みたい。

2018012902.jpg

ワインに合わせた前菜はマッシュルームにバターとアンチョビを乗せてオーブンで焼いたもの。食事は牡蠣とフレッシュトマトのオイルソースのパスタ。美味しかった。

2018/01/29(月) | ワイン | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。