外飲み

近所の焼き鳥屋さんで外飲み。

2017051801.jpg
2017051802.jpg
2017051803.jpg

なかなか本格的な炭火の焼き鳥で珍しい部位とか色々あって(覚えてない)、熊本産の馬刺しやミニトマトのワインシロップ漬けがとっても美味しかった~

2017051805.jpg

焼き鳥に合わせたのはツィン・オークスのカベルネソーヴィニヨンを軽く冷やして。ニューワールドっぽい果実味もありつつ、わかり易く美味しいワインでした。焼き鳥にワインも合う、合う!

2017/05/18(木) | おでかけ-北総・千葉 | トラックバック(0) | コメント(0)

ののこや

母の日のお花を以前から気になっていたお花屋さんに注文しました。

2017051301.jpg

つくしファームという貸農園の一角にある小さなお花屋「ののこや」さん。

2017051302.jpg

母の日の日曜日はバイトなので一日前倒しで土曜日にお願いしました。素敵なアレンジだったのだけど、お店で受け取ってそのまま義母に届けてしまったのでお花の写真を撮ることができませんでした。多分次回は一人で行くこともできると思うので来年もお願いしよう~

2017/05/13(土) | おでかけ-北総・千葉 | トラックバック(0) | コメント(0)

焼きロールキャベツ

2017051101.jpg

春キャベツの美味しい季節に・・・と焼きロールキャベツを作りました。私はハーブ入りが好きだけど、ローズマリーの香りに敏感なだんなさんには入れないバージョンで2種類作成。(面倒くさいわー)

食べきれなかった分は翌日のお弁当と夜ごはんにスキレットに移して再加熱・・・焼きすぎました。

2017051102.jpg

美味しかったです。(でもやっぱりハーブ入りの方が美味しいと思う)

2017/05/11(木) | 手作り-ごはん | トラックバック(0) | コメント(0)

ワインの試飲会

地元のスーパーのイベント「もっとワインが楽しくなるキャンペーン」に当選して、幕張のホテルで開催された特別ワイン試飲会に参加してきました!

2017051002.jpg

203種類のスーパーで取り扱いのあるワインがずらっ~と。最初はスパークリングから・・・と飲んでいったけど、沢山の種類を1度に沢山飲んでも味が全然わからなくて。ひとつひとつ考える余裕も無くて。そんな中でも美味しいな、と思ったのは

シャンパーニュはモエ・ブリュット・アンペリアルがナッティな風味があって味がしっかりしてやっぱり美味しいな、と。スパークリングでは飲んでみたかったボッテガ・ゴールドを飲めた事は収穫。高畠ワイン嘉のロゼスパークリングとシャトー・ジュンのジュンスパークリングも良かった。
白はビショー・ブルゴーニュ・シャルドネ、タリケのソーヴィニヨンブラン、白百合醸造のロリアン・勝沼甲州、赤はモンテ物産のバローロ、センシィのキャンティ、パロ・アルトのワインメーカーズセレクションが良かったかな。バローロは普段飲みにはちょっと高いからCPで言うとそれほどでもないのかも。

2017051003.jpg

目玉ワインは抽選会で当選しないと飲めないという・・・だんなさんがみごと当選してルーチェのセカンド、ルチェンテを飲むことが出来ました。(え?ルーチェじゃないの・・・?)

食べ物は一切ありません、という案内だったのでこっそりチョコレートをいくつかしのばせて行ったけど、チーズ2種類とバゲット、リッツなんかがありました。バゲットにカマンベールを乗せて食べると美味しかったー

十分満喫したのでちょっと早めに退出。帰りのラッシュに巻き込まれる前に帰宅。今回会場での販売は無かったので今度の2割引の日に購入してちゃんと飲んでみようと思います。その場で販売をしないというスタイルも気楽に参加できて良かったと思う。来年も参加したいなー
more...

2017/05/10(水) | ワイン | トラックバック(0) | コメント(0)

うなぎ

先日の入籍記念日もバイトで遅かったので外食することに。ラーメンの予定だったけど、せっかくの記念日だからという事でうなぎになりました。やった!

2017050701.jpg

ブラックバス釣りに来る反町隆史さんも寄られるお店だそうです。だんなさんは奥様の松嶋菜々子さんは一緒に来ないんですか?とお店の人にくいついていました。(来ないそうです)

2017/05/09(火) | おでかけ-北総・千葉 | トラックバック(0) | コメント(0)

2017.05.06ソワレ「春のめざめ」@KAAT大スタジオ

ソワレは志尊淳くん(実は意外と好き)主演の「春のめざめ」。劇団四季ではミュージカル版を上演していた原作のストーレートプレイ版。劇場は「オペラ座の怪人」の隣。これは行くしかないでしょー!!

大スタジオは体育館みたいな空間にパイプ椅子を並べたような作りで、ステージと近い、近い。着席して開演を待っているとあちこちの席にキャストと思しき人が黙って座っている。ちょっとミュージカル版のステージシートを思い出した。話の展開はミュージカルとほぼ一緒でベンドラと女の子の疑問戸惑いのシーンから始まって、男子の抑圧に対する反抗のようなシーン(ミュージカルでは‘Mama Who Bore Me’~‘The Bitch Of Living’辺り)までイメージが一緒かなと思って見ていました。

かなり生々しい舞台で、皆さん文字通り体当たりで演じていて・・・すごい!そのパワーを受け止めたいと思ったけど、話の内容は難しかったー。ミュージカル版はかなりロマンチックに脚色されているんだと改めて気が付きました。
モリッツの自殺は血まみれで相当気持ち悪いし、ベンドラとメルヒオールの関係には全く愛を感じない。最後は原作通りだったけどメルヒオールはモリッツの幽霊を切り捨て、生きる道を選ぶ。ドライな印象を持ちました。

久しぶりの「春のめざめ」だったので「そうそう、こんな話だった・・・」と思い出したらミュージカル版がどんどん溢れてきてYouTubeで過去の映像を検索しまくって再び春めざロスになってしまいました。

今回の舞台も評判良いみたいでチケットも完売しているそう。観ておいて良かった。

2017/05/08(月) | 東宝・その他 | トラックバック(0) | コメント(0)

2017.05.06マチネ「オペラ座の怪人」@KAATホール

今回の横浜は「オペラ座の怪人」と「春のめざめ」のマチソワ観劇がメインでした。

2017050604.jpg

まずはマチネで久しぶりの「オペラ座の怪人」観劇。初めての神奈川芸術劇場(KAAT)へ行ってきました。この劇場、とっても雰囲気が良くてサイド席だったけど意外と観やすくて、生オケで音もよく響いてすごく良かったです。横浜、遠いなーと思っていたけどまた行きたい!と思う劇場でした。

2017050603.jpg

高井ファントムの声もよく響いて(滑舌が悪いのもデフォでしたが。)と、山本クリス(初見)はファントムへの気持ちがすごく伝わってきました。ラストの地下室でファントムを抱きしめる時、すごくぎゅううーっとしていて切なかった。上品で芯の強そうなクリスで良かったです。初見の光田ラウルだけはちょっと残念でした・・・が、個人的な思い入れが無い分ファントムとクリスに集中できて良かったかも。今回の横浜公演から演出が変わった部分が沢山あって、否定的な意見が多そうな墓場の三重唱、私はアリかな、と。場に重厚感が出たしラウルの声が加わってもなお疎外感を感じるラウルが一層切なくて。でも‘墓場にて’の最後を2回繰り返すのはいらないかなぁ・・・。

唯一の男性ダンサー枠の松永さんのダンスがすごーくきれいで釘付けでした。特に鞭男の上半身のたくましさと軽やかさのギャップと、マスカレードの男女のマントの翻しに釘付けでした。

大満足の「オペラ座の怪人」でした。

2017/05/07(日) | 四季-レポ | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  »